日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

[Windows Defender]他のウイルス対策ソフトと競合していませんか

セキュリティパソコンを購入した後に、ウイルス対策ソフトをインストールするわけですが。

もし、すでにそういったソフトがインストールされているなら、競合に注意しなければいけません。

特に、Windows DefenderはWindowsなら最初からインストールされているので、なおさら注意したいところ。

Windows Vistaからプリインストールされている

Windows Defenderは、Vistaの頃からインストールされているもの。

なので、私たちのしらないところで、日夜パソコンをウイルスから守ってくれています。

ただ、そうとは知らずに、新たにウイルス対策ソフトをインストールすると、競合してしまいます。

競合してしまうと。。。

よく言われるのが、パソコンの動作が重くなってしまうこと。

二つのウイルス対策ソフトが同時に動作するので、メモリを圧迫したり、機能が重複していても分担することなくチェックするので、パソコンのパフォーマンスが低下しかねません。

それに、片方のウイルス対策ソフトを誤検知してしまったり。

そもそも対策ソフトは、他社製品と一緒に使った方が良いようには作らないですよね。

自社製品を一番に購入してほしいのに、他社と一緒に使うことを推奨するようなメーカーがいるとは考えにくいですし。

対策ソフト一つで、一通りは安全といえるものでないのなら、そんなソフトは誰も買いませんし。

ともかく、パソコン一台に対して、ウイルス対策ソフトは一つ。これが基本です。

競合していないか確認方法(Windows7)

ということで、競合しないように注意が必要であることがご理解いただけたと思いますので。

次に、新たにウイルス対策ソフトをいれたとして、それが競合していないか簡易的に確認する方法をご紹介したいと思います。

ただ、最新版のWindows10ではなく、Windows7のやり方になります。

(まだ私がWindows7を使っているので。。。)

確認方法は、スタート → コントロールパネル → システムとセキュリティ → アクションセンターをクリック。

アクションセンターが表示されるので、その中のセキュリティの項目をクリックすると、一覧が表示されます。

その一覧の中に、スパイウェアと不要なソフトウェア対策という項目があります。

この項目の下に、

Windows Defenderと(新たにインストールしたウイルス対策ソフト)の両方が有効になっています。
注意:複数のスパイウェア対策プログラムが同時に動作していると、コンピューターの実行速度が遅くなる可能性があります。

といった文言があれば、競合している可能性が高いです。

これが確認できたら、Windows Defenderを無効にすることをおすすめします。

無効にする方法は?

さて、最後にWindows Defenderを無効にする方法をご紹介します。(もちろんWindows7で)

スタートを押すと出てくる、プログラムとファイルの検索で、Windows Defenderを検索。

検索で表示されたWindows Defenderをクリックして、管理画面を開きます。

管理画面から、上にあるツールを選択し、オプション → 管理者をクリックして表示される、このプログラムを使用するのチェックを外して保存すれば、無効にできます。

無効になっていれば、アクションセンターのセキュリティでの文言が変わるので、チェックしておきましょう。

おわりに

というわけですが、Windows7で説明したので、あまり参考になる方はいないかもしれませんが。

もし、パソコンの動作が遅いようでしたら、こういったところも注意しておくといいと思います。

案外うっかりやってしまっているかもしれませんので。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ