日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

ASPの広告素材がブロックされた!原因・対策

こんにちは!

googleのserch consoleを入れてみたら、どうもブロックされたリソースが増えてきていることが確認できました。

最初は仕方がないことなのかなと思っていましたが、サイトへの悪影響がないかどうか、増え続けるリソースのブロックを見ていたら不安になってきました。

このままいったらgoogleの検索ランキングが落ちてしまうのではないか(そもそも、もとからほとんど圏外みたいな状況ですが)と思い、いろいろと調べてみました。

 

ブロックされたリソースとは

そもそもブロックされたリソースとはなんなのか?

今回の内容でいえば、画像ファイル・javascript・css等のことをさしているようです。

私のサイトでブロックされているのは、主にアフィリエイトASPの広告になります。

そして、そのリンクの中の画像がレンダリングできないといことがserch consoleで確認できました。

ちなみにレンダリングとは、サイトの見た目を数値などデータの集合として処理するものです。

処理したデータは、googleのインデックス(目録)に登録されることになります。

またインデックスとは、googleのサーチエンジンが検索する際に使う目録のことで、この目録に登録されることでgoogleの検索結果に表示されるようになります。

そのため、様々なサイトを網羅して検索結果に表示できるようにするには、サイトのありとあらゆる部分をレンダリングしてインデックスに登録する必要があります。

しかし、画像やcss、javascriptでうまくレンダリングできないものがあると、ユーザーが見ているときは問題なく表示されているサイトでも、インデックスに登録されるときには一部情報が抜け落ちたまま登録されてしまう可能性があります。

このことから、リソースのブロックを改善するということは、実際にユーザーが見るサイトとインデックスに登録されたサイトの齟齬をなくすということになります。

ちなみに、ちゃんとレンダリングされているかどうか、簡単に見比べる方法がserch consoleにはあります。

serch consoleのFetch as Googleをサイドメニューから選択すると下記のようなメニューが表示されます。

レンダリングされている状況を確認したいページURLを入力して、取得してレンダリングを押します。

そうすると、”インデックス登録をリクエスト”というボタンが下の項目に出てくるので押します。

押すと送信方法の選択というウインドウが出るので、私はロボットではありませんをチェックして(チェックするとロボットではないか確認するためのテストが始まる場合があります)、”このURLのみをクロール”をさらにチェックし、一番下の送信ボタンを押します。

これで、もう一度確認したいページの項目を押せば、レンダリングしたときのページとユーザーから見るページの二つが見比べられる形で表示されます。

見てわかるとおり、レンダリングされた方は画像が抜けています。

また、下のほうにブロックされたリソースが表示され、右側には重大度も合わせて表示されます。

重大度は高・中・低という形で表現されます。ちなみに私のは”高”がでていることが確認できます。

どのように重大度は判断されているの?

google側の推定らしいので、”高”だと絶対にどうにかしなきゃいけないというわけでもないそうです。

なのであまり気にしすぎず目安として、でも一応は重大度が高ければブロックされたものがなんなのか確認すべきです。

nofollowは関係あるか?

ブロックされたリソースが増え始めて最初に思ったのが、nofollowをつければ解消されるのではないかということ。

他のサイトで、ASPの広告につけている方もいましたので、はっきりとした根拠もないのに試してみたくなりました。

でも、これは広告の改変になってしまうので、おすすめできない方法です。

もしこの記事を読んで試そうと思った方は、自己責任でお願いします。

下記はブロックされたリソースの表です。

だいたい12月10日ごろにすべての広告にnofollowをつけましたが、ブロックされたリソースは減っていません。

その後、新たにASPの広告(こちらもnofollowをつけました)を掲載したページを公開しましたが、それに比例するようにブロックされたリソースが増えています。

結論から言えばnofollowは関係ないですね。。。

そもそもnofollowを使う場面が、信頼できないリンクや有料リンクだそうで、ブロックされたリソースをどうこうするために使うものではないということですね。

robots.txtでブロックされているのが原因

 

ではいったいなにが原因でこうなっているかというと、広告を提供しているASPのrobots.txtが原因だと思われます。

robots.txtというのは、googleがサイトをレンダリングする際に、サイト管理人がこのページはインデックスに登録しなくていいよといったことを記載してあるファイルです。

なので、レンダリングしてインデックスに登録したくない=google検索に見つからないようにすることができるものです。

これをASPのほうで設定しているため、レンダリングができず、ブロックされたリソースが増えるということになります。

原因はこれだと思いますが、結局のところASP側が設定していることなので、対処のしようがないと思います。

問題なのはブロックされた画像にサイトランクに関わる重要な情報があるか

 

ここまで書いた内容だと、ASPの広告のブロックは対処のしようがないという結論に至ってしまいます。

でも、このまま放っておくのも不安なんですよね。

なので次に調べたことは、どのようなリスクがあるのかです。

このままにしておけば検索でペナルティを受けたりするのか。

今回のように、広告画像が表示されないままインデックスに登録されることがどのように悪影響がでるのか。

調べてみてわかったことは、ブロックされた画像にそのページの重要なキーワードが入っているかどうかです。

重要な情報がもしあれば、インデックス(目録)に登録されない、登録されないことでページの重大なキーワードが抜けてページランクが思うように上がらなくなることが問題ということになります。

逆に行ってしまえば、htmlのほうで情報を記載して補完すれば、ブロックされていても問題は無いと思います。

さらにはサイトランクに関わるキーワードがなければ、htmlで補完する必要も無く、特に気にする必要もないと思います。

最後に

ここで書いたことは、ネット上で様々な情報を参考にしていますが、その中で私なりに考えたことを書いているため、絶対にこうであるというわけではないと思います。

参考程度に読んでいただければと思います。

あと、つたない説明でわかりずらかったらすみません。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ