日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

無料でできる!ブルーライトを抑えるPC・スマホアプリ

こんにちは!

今回は、危険なブルーライトを抑えるPC・スマホアプリについて書きたいと思います。

ブルーライト対策では、既にブルーライトをカットするメガネが普及していたりで、特にPC・スマホの設定を変える必要性も無い様に思われます。

でも、無料でできるアプリもあるため、もしメガネにお金をかけたくない方、メガネをいちいちかけるのがちょっと面倒くさい方にはおすすめです。

それに、ここで紹介するアプリは簡単に導入できますので

 

アプリでブルーライトを抑える?

ブルーライトはモニターから発せられる光の中でも最も強くて、その強さのあまり目の一番奥の網膜まで届いてしまいます。

そのため、ながく見ていると目を悪くさせてしまう可能性が高いんです。

だからこそブルーライトカットのメガネだとかが騒がれたわけですが、そもそも根本的な光の発生源であるモニターを何とかするのが今回紹介するアプリ。

ようはモニターに映し出された映像の色味をちょっと変更して、青い光をあまり使わないようにする。

そうやってブルーライトを抑えるということになります。

寝つきが悪い方にも

また、夜寝る前によくPCやスマホを見ている方で、すぐに眠りに付けない方にも効果が期待できるかもしれないです。

寝る前に目に強い光、ブルーライトは浅い眠りになるそうで、質の悪い睡眠につながります。

そのため、PCやスマホをよく見ている方で最近あまり眠れていないと思う方はブルーライトを抑えるアプリを検討する価値があります。

【PC用】f.lux

お待たせしました!簡単に導入できて無料でブルーライトを抑えることができるアプリを紹介します。

私も愛用しているf.luxというアプリです。

このアプリはブルーライトを抑えるため、青い色を使わないように画面全体をセピアがかった雰囲気に設定してくれます。

また、昼間と夜間といった時間帯に合わせて、ブルーライトをどの程度抑えるかどうか設定も可能です。

ダウンロードは下記からできます。

f.lux

リンク先のページでDownload f.luxと書いてあるボタンを押せばダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルのexeファイルを実行すればインストールされます。

インストールした後の設定で、自分がいる地域を入力する画面がでますが、これは先ほど説明した昼間と夜間の関係でその土地の標準時間を確認するためです。

なのでテキトーにTokyoとか入力すれば問題ないです。

また、昼間と夜間での明るさの調整等は、下記サイトで詳しく紹介されているので、見てみてください。

f.luxの設定と使い方のおすすめ

デザイナーさんは切り替え忘れに注意

web関係の仕事で、パソコンで作業されている方は切り忘れに注意してください。忘れていると思っていた色と違うみたいなことになって、あとあと面倒なことになったりするので。

【android用】ブルーライト プロテクター

android用はブルーライト対策プロテクターが個人的に使いやすく、ほかのアプリよりも比較的動作が安定していると思います。

ブルーライト対策プロテクター

ただ、頻繁にではないですが、私のスマホ端末のスペックが低いためなのか、急に停止してしまうことはあります。

その際に、また起動すればいつもどおり動き出すので深刻な問題ではありませんが。。。

あと、iPhone用のも紹介したいところですが、私がiPhone端末を持っていないため、今回はandroid用のアプリを紹介しました。

それで、これはほんとうに効果があるの?

 

f.luxを設定すると3400K(ケルビン)といった数値を目にします。

この数値は色温度というものを表しています。

この色温度は、赤色光とくらべて青色光(ブルーライト)はどの程度の強さか表しています。数値が大きければ青色光(ブルーライト)が相対的に多くなって、数値が低ければ青色光(ブルーライト)が相対的に低いという風になります。

簡単に言えば色温度が低ければ暖色系に画面の色が変わります。

なので、画面を暖色系の色に変更することは一定の効果は期待できると思います。

また、気になる方は先ほど紹介したf.luxのサイトで右上のほうにあるリンクをクリックすると、f.luxを使った結果、それぞれの色がどの程度の強さになるか確認できるグラフがでます。

グラフ下の6500Kとか数値が書いてある部分を選択することでそれぞれの数値における青色(ブルーライト)の強さがわかります。

f.luxのアプリでは6500Kから3400Kまで設定できるようなので、6500Kと3400Kで見比べてみると青色が少なくなっているのが確認できると思います。

また、製品によって同じ色温度でも青色の相対的な強さに違いがあるそうで、右のメニューからいくつか製品が選べるので、それも含めて確認してみるのもいいかもしれません。

最近ではf.luxなしでも設定できる

最近の液晶ディスプレイではディスプレイの設定画面からでも色温度の設定ができるものもあるそうです。

というか大半ができるみたいで、もし色温度の設定を考えている方は、一度確認してみましょう。(私のは古くて無かったです。。。)

でも、細かく調整できないものもあるそうなので、そのときにはf.luxのほうが都合がいいかもしれません。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ