日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

  • HOME
  • その他
  • 動画で実際の試験結果が見れる。自動車の事故予防安全性能
公開日

動画で実際の試験結果が見れる。自動車の事故予防安全性能

車自動車の事故予防機能が今や当たり前になってきましたね。

様々な車種で機能が付いているので、運転にも少し余裕が出てきそうですが。

ただし過信は禁物!車種やグレードによってはイメージしていたようなものではないこともありますので、しっかりと性能を理解しておきたいところ。

今回は、動画で予防性能がどんなものなのか理解しやすい、性能試験を行っているサイトをご紹介。

 

実際に走行させて試験する

その性能がわかりやすく紹介されているのがこちら↓

JNCAP|予防安全性能アセスメント

このJNCAPというのは自動車アセスメントのことだそうで、その自動車アセスメントというのは市販の自動車を様々な性能試験を行い、それを公表して私たちがより安全な自動車を選び普及させることを目的にしているそうなのです。

ともかく、どんどんいろんな車種をガツガツ衝突試験したり予防安全性能をテストしたりするので、それ見て良い車どんどん選んで!ということをやっているサイトです。

上のリンクをクリックすれば、予防安全試験の車種別、メーカー別に選べるので狙っている自動車があれば探して見ましょう。

 

チェックした車種を見つけたけど、パラメーターの見方がちょっと。。。

車種ごとに評価結果が記載されていて、機能ごとに合計点数でわかりやすく表現。。。ただ、始めてみた場合にはイメージが湧かないと思います。

どのくらいの点数だったらいいのか、点数が低いのと満点ではどの程度変わるのか、私だけなのかもしれませんが個人的にはちょっとわかりづらく感じます。

それに、私たちからすれば、ぶつからずにちゃんと止まれるのかどうかが一番の問題なので、実際の試験動画を見たほうがいいなと思います。

なので、私と同じように感じた方は、まずは試験動画を見てしまいましょう。

自動車ごとの評価結果の一番下に、評価動画があるのでクリックして簡単に見れますよ。

ちょっと、どこに何のコンテンツがあるのかわかりづらい場合は、下記の評価の見方PDFを参考にしてみてください。

評価の見方(2017年度)はこちら -JNCAP

 

評価動画は対車両、対歩行者も

評価動画ではさまざまな評価が見れます。

対車両はもちろん、対歩行者機能がある車なら、ちゃんと歩行者がいても止まれるかどうかテストしていますよ。

ちょっと不謹慎かもしれませんが、なかなか見ていてわかりやすく、そして面白いですね。

余裕で止まる車もあれば、スレスレの車もあったり、あとはゴッツンしてしまったり。

ある程度のスピードでしっかりと止まったのを見ると、おおーっと感嘆の声が出てきそうです。

 

ぶつかっちゃってるのもありますが

ぶつかっている自動車もあったりしますが、それで全然性能を満たせていないというわけではありませんよ。

自動車によっては、止まれなくてもブレーキを直前にかけることで、事故による被害の軽減を目的としているものもありますので。

結局ぶつかってしまうのなら機能として意味がないかもしれませんが、そこは性能とコスト、どちらを選ぶか次第ですね。

ある程度スピードを出しても止まれる車というのはその分センサーの性能、取り付けられたセンサーの数によって変わってくるので当然のことながら値段も高くなりますし。

安い自動車だと、事故被害軽減レベルに収まってしまうところが傾向としてあるように感じられますので。

 

まとめ

というわけで、これから自動車の購入を検討されているのなら是非参考にしてみてください。

今も昔も変わらずよそ見運転やアクセルとブレーキの踏み間違いは定期的に起きています。

自動車だとたった一度のミスが取り返しの付かない事故に繋がるので、是非評価動画をチェックして、より安全安心な自動車を選んでみてください。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ