日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

今後http”s”でないサイトで検索ファームを使うと警告がでる

重要今年の春ごろの話ですが、googleはサイトの更なるセキュリティ強化を促す対策として、Chromeに新たな警告の導入を計画していることを明らかにしました。

セキュリティ対策を促すものなんで、ネットワーク全体にとっては良いことなんですが、まだサイトをSSL化されていない(httpsになっていない)場合は注意したいところ。

特にECサイトで警告が出てしまうと、サイトへのイメージが悪くなるので対処が必要です。

いつから?どんな状態になるの?

まずは、Googleセキュリティブログを見ていただければと思います。

より多くの接続セキュリティを実現する次のステップ(英文)

英語で書かれていますが、ブラウザの翻訳機能(右クリックしたメニューの中にあります)で翻訳していただければ、大体の内容を理解いただけると思います。

要するに、サイトのフォームに何か文字を入力した際に、そのサイトがhttpsでない場合、ブラウザのアドレスバーに”Not Secure”と表示されるようになるということです。(日本では”Not Secure”でなく、日本語で警告がでるかもしれません)

これは、上のリンクページの中にイメージ動画?があるので、それでどのような動作をするのか確認できます。

そしてこういった警告は、今年の10月以降に導入される可能性があるということです。

検索フォームでも警告文が出る可能性がある

これの一番注意したいところは、検索フォームでも警告が出てしまう可能性。

いままではログインフォーム、コンタクトフォームといった直接個人情報やサイトのセキュリティに関わるページのみをSSL化していれば特に問題はなかったのですが、今回の場合はそうもいきません。

例えばブログを訪れた人が、そのブログの気になる記事を探そうとして検索フォームに入力をした直後、アドレスバーに警告が出るようになる可能性があるのです。

そうなれば、中にはブログへの不信感を抱くことになりかねず、そのブログを利用される方が減ってしまうなんてことも。

ブログの多くが検索フォームを導入しているので、是非サイト全体をSSL化したいところ。

特にECサイトは注意!

ECサイトで警告が出てしまうのは絶対避けたいところ。

ブログと違い、金銭が発生するECサイトで警告文がでてしまえば購入を躊躇してしまうことも。

SSL化を推し進める理由

ここまでChromeがSSL化を推し進めようとするのは、それだけネット上での個人情報管理を徹底してほしいということのあらわれ、そして最終的にはgoogleの検索エンジンで検索されるサイトは、セキュリティが行き届いた安心できるサイトばかりですよ!。。。というアピールポイントにしたいということだと思います。

そうすれば、googleとしても利用される方がますます増えるわけですし、利用者から見ても安心して利用できるわけですし。

SSL化の仕方がわからない。そもそもSSLってなに?という方に

ただ、これからSSL化しようにも、やり方を知らない方もまだまだ少なくないと思いますので。

やり方やそもそもSSLってどんなものか、詳しく紹介されているサイトがあるので、そちらをご覧いただければと思います。

SSLって何?(ブログマーケッターJUNICHIさんのブログです)

上記リンクページで、段階的に詳しくSSLややり方について説明されているので、是非チェックしてみてください。

本当はわたしがやり方などを解説してみたかったのですが、そこまでうまく説明できる自信がないのと、上記リンクサイトのほうがそんじょそこらのサイトよりもわかりやすいので。

おわりに

最終的にやり方については丸投げになってしまいましたが、ともかくSSL化はやっておいたほうが無難です。

もし時間があったら是非試してみましょう。

 

 

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ