日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

ドメイン取得手続きの際、Whois情報公開代行に注意

ドメインはじめてお名前.comでドメイン取得をする際、whois情報公開代行という選択項目を見つけたのですが。。。

どういう意味なのかよくわからなかったので、詳しく調べてみると結構重要なものでした。

備忘録を兼ねてまとめておこうと思います。

Whois情報とは?

このWhois情報とはそもそもどういうものなのか。

ドメイン取得をするとき、一つの義務があります。

それは、ドメイン取得の際に登録された情報は、ネット上で公開する義務です。

そのため、ドメインと登録情報が紐付けられているので、ドメインさえわかれば簡単に登録された情報を確認できます。

これによって公開される登録情報をWhois情報と一般的に言われるそうです。

企業のwebサイトとして取得されるようなドメインであれば、登録された企業の情報が公開されるだけなので問題はありませんが、個人で運営されるようなwebサイトでは、登録情報によっては個人名まで確認ができてしまいます。

顔出ししているようなブログでしたら、もしかしたら問題はないかもしれませんが、それ以外の方には心配な話ですね。

Whois情報確認サイト

こちらにWhois情報を確認できるサイトをいくつか載せておきますね。

もしブログなどを運営していて気になる方は、下記サイトでチェックしてみましょう。

ただ、ほとんどが後述します公開代行を行っているので、管理者情報はドメイン会社のものになります。

なので企業サイトなんかをチェックしてみると良くわかると思います。

Whois情報”公開代行”すれば安心

whois

 

 

 

そんなプライバシーに関わるようなWhois情報ですが、公開代行してしまえば安心です。

この公開代行というのは、公開されてしまうドメイン管理者情報の代わりに、ドメイン会社の情報が代行表示されます。

これをすれば、ドメイン管理者情報をチェックしようとしても、ドメイン会社の情報しか表示されません。

個人情報を見られる心配も、これで解消されますね。

ドメイン会社によっては、最初からWhois情報公開代行をしてくれるところもあるので、そもそも公開代行するかしないかという項目が、新規ドメイン登録の際にはないこともあります。

ただ、新規登録の際にそういった項目がなかったとしても、念のため公開代行しているか確認はしておきましょう。

また、新規登録時に公開代行の選択項目がありましたら、迷わずに公開代行を申し込みましょう。

特別なことがなければ公開代行にしていて損は全く無いので。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ