日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

【FFFTP】Xサーバーへの接続方法

FFFTP XserverこのブログをロリポップからXサーバーに引っ越しましたので。

FFFTPでXサーバーに接続する方法を、備忘録を兼ねてご紹介します。

これから設定する方の参考にしていただければ幸いです。

Xサーバーから接続に必要な情報を確認

まずはXサーバーにログインして、FFFTPで接続するために必要な情報を確認します。

それでは、下記ユーザー専用ページからログインしましょう。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバー【エックスサーバー】

ログインしたら、”FTPアカウント設定“をクリック!

Xサーバー サーバーパネル

ドメイン選択画面が表示されたら、どれでもいいので選択するボタンを押します。

Xサーバー ドメイン選択画面

そのあと表示されたページのFTPソフト設定タブを押せば、FFFTPで接続するための必要なアカウント情報が確認できます。

Xサーバー FTPアカウント 設定

FFFTPへサーバー情報入力

続いて、FFFTPを開き、左上にある”接続”から”接続”をクリック。

FFFTP 接続

ホスト一覧のウィンドウが表示されたら、新規ホストを選択。

ホスト一覧 FFFTP

すると、ホストの設定が表示されるので、ここにXサーバーのサーバー情報を入力して接続を行います。

ただ、その前にデータのやり取りを暗号化するための設定を行います。

ホストの設定のウィンドウの中の、暗号化タブをクリックします。

ffftp 暗号化

暗号化タブの中で、FTPS(Explicit)だけにチェックが入った状態にします。

これでFTPで送受信されるデータが暗号化され、セキュリティ強度を高めることができます。

チェックを入れ終わったら、”基本”タブをクリックして、サーバー情報を入力します。

FFFTP 基本設定

先ほど開いたXサーバーのアカウント情報を参考に入力します。

FTPアカウントの追加を行っていない場合には、下記画像の初期FTPアカウントの設定内容を元に、入力します。

Xサーバー FTPアカウント 設定

  • ホストの設定名 → 任意(何の設定内容なのかわかるような名前にしましょう。例:Xserver)
  • ホスト名    → FTPサーバー(ホスト)名
  • ユーザー名   → ユーザー名(アカウント名)
  • パスワード   → サーバーアカウントのパスワード

 

XサーバーのFTPアカウントの追加を行っている場合

XサーバーのFTPアカウントの追加を行っている場合は、上記画像の追加FTPアカウントの設定内容を参考にする必要があります。

つまり、追加する際にご自身で設定されたアカウント名、パスワードを入力することになります。

 

 

すべて入力し終わったら、OKを押しましょう。

OKを押すと下記のように設定した項目が追加されます。

ホスト一覧

項目名には、ホストの設定名で指定した名前が表示されます。

もし、入力し直したい場合は、項目をクリックして選択状態にして、右にある設定項目を押しましょう。

そうすれば、先ほどの設定画面が表示されます。

問題なければ、接続を押してみましょう。

うまく接続できれば、サーバー側のファイルが表示されます。

接続がうまくいかないときは

ホストの設定画面から、PASVをチェックしてみましょう。

FFFTP PASV

拡張タブから設定できるので、チェックをつけたり外したりしてみて、うまく繋がらないか試してみましょう。

あとは入力間違いがないか、もしくはファイアウォールの設定が影響していないか確認してみましょう。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ