日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

初心者にもおすすめトレード教本

トレード教本やりたいと思えば、すぐに口座開設して小額からでも始められるFX。

ただ、すぐに始められる分、勉強が疎かになったり、そもそもどんな風に勉強すればいいのかもわからないものです。

私自身もどんなことから勉強すればいいのかすごく悩みましたし、今も苦労しているところではあります。

そんな状態の中、色々探した中で初心者の方にぴったりな本を見つけましたので、今回ご紹介したいと思います。

これからどのように勉強するべきなのか、方向性を決める上で参考になると思います。

ただ、あくまで個人的な感想なので、参考程度にお願い致します。

トレードに関することを全体的に網羅している

今回紹介するのが、

高勝率トレード学のススメ 

Pan Rolling  マーセル・リンク著

です!

こちらの本は、

●リスク管理・資金管理

●トレードの現実

●オシレーターの使い方

●チャートの分析方法

●経済指標への考え方

など、トレードに関することを幅広く紹介しています。

ただ、著者がシステムトレーダーよりなので、裁量トレーダーにはちょっと不向きかもしれません。また、この本で紹介されているのは株・先物がメインなので、為替についてはあまり触れられていなかったと思います。

ディーラーから見たトレーダーの現実

ディーラーとしての経験がある著者から見た、様々なトレーダーたちの失敗や成功。

また著者自身がトレーダとして勝ち続けるように慣れるまでどのような過程を経てきたのか、余すことなく書かれています。

この本の最初の方からトレーダーとしての現実を書いているので、これから始めようという方にはやる気を削いでしまいそうな、”それでもトレードするの?”みたいに問いかけられているような気分になります。

もし、こちらの本を読んでみて、トレードをやめると判断するのも賢明かと思います。

誰でもFXで稼げるものではあります。

勝ち続けるようになるまでには、数え切れない失敗と損失が必ず必要になります。

いつなったら勝ち続けられるようになるかもわからない、出口の見えないトンネルをずっと進んでいくような気分になるので、それだけの執念と動機が必要になります。

これからFXを検討される方に、トレーダーとはどのような世界なのか理解するという点でも非常に参考になると思います。

結構高いです

そんなためになる本なんですが、なかなかな値段がします。

税込みで6000円超えちゃっています。

高いしぼったくりな感じもしなくないですが(私もちょっとそんな風に感じてました)、読んでみるとそれだけの価値はあると思います。

世の中には様々な本が出ていますが、中には内容が薄っぺらいのに高額なものがそれなりにあります。

最初はどれがいいのかわからず、キャッチャーなタイトルのものを購入して失敗してしまうこともあると思います。

そういった本を買わないようにするためには、トレーダーとして現実と本当に大事なことが何なのかを知る必要があります。

今回ご紹介しました本がその部分を補ってくれるものだと個人的には思っています。

販売サイトのリンクを張っておきますので、興味があったら是非読んでみましょう。

高勝率トレード学のススメ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ