日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

ゲームで無理して~周年に合わせて発売する必要性はないと思う

ゲームゲームにしろどんなものでも発売時期は重要ですよね。

年末商戦に合わせて発売するのはよくあることで、シリーズものなら10周年記念で発売したり。

ただ、無理に~周年に合わせて発売するのは、失敗しやすいのでやめておいたほうがと、個人的には思いますね。

 

無理に合わせようとしてデバックが不十分になる

ゲームが発売されて、期待を膨らませながらプレイしてみると、結構ゲームの荒が見つかったり。

特に、テストしておけばすぐにでも気づけそうなところが合ったりするのは致命的で、そのおかげでソフトの売れ行きが尻すぼみになる危険性も。

今だとSNSでいい評判にしろ悪い評判にしろ、すぐに広まってしまうので、致命的なミスは絶対に避けておきたいところ。

しっかりと作っておけば安定して売れるシリーズものでやらかすと、そのシリーズを終わらせかねないので注意が必要ですが。

やはり、年末にあわせる、あるいは何周年に無理あわせようとするとこういったことが多いように思います。

 

バグやデザイン、システムの見直しが発生しやすいので

デザインがストーリーの雰囲気に合っているか、戦闘システムのバランスがとれているのか、そもそもストーリーに矛盾がないか。

さまざまな要素が合わさって一つの作品が出来上がるので、完成した後でないと問題点が浮き彫りにならないこともありますので。

なので、いくらスケジュールを決めていても、それどおりに順調に行くとはかぎりません。

それでも無理やりに完成させようとすれば、駄作になってしまい、ひいては会社へのイメージも悪くなりかねません。

ブランドへの信頼が落ちてしまうので、無理にスケジュールを守らずに、思い切った判断も必要ですね。

ただ、納期が伸びれば伸びるほど、制作費も掛かってしまうので、難しいところですが。

 

今はそこまで宣伝に力を入れる必要が無いかもしれませんよ

そもそも~周年にあわせたりするのは、宣伝効果を狙ってのことだと思いますが。

でも、最初のほうでも書いたとおり、今はSNSで拡散してもらえる部分があるので、大々的に宣伝する必要が無いように思えます。

宣伝のことを優先して悪い作品を作ってしまっても、そのSNSが悪評を広げてしまいかねないので。

 

ゲームは質で、~周年は別のもので

というわけで、今こそ、今だからこそゲームは質を追及してもらえたらと思います。

質の高いものを提供することが、スマホゲームとの差別化をより鮮明にできて、ハードでプレイされる方も増えるかもしれませんし。

そしてなにより、そんな質を追求してくれるゲーム業界であってほしいと、私自身も思いますので。

なので、~周年は気にしないで、現実的な納期でゲーム制作を進めていただき、~周年はゲームとは別のグッズやイベントで対応してもらえたらいいなと思います。

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ