日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

コスト削減に。インク純正品・リサイクル品との付き合い方

プリンター筆者も日ごろから使っているプリンターのインクリサイクル品。

価格も純正品よりも安いので、使っていてとってもお得な気分です。

ただ、純正品ではないリサイクル品なので、品質の問題が気になりがち。

わたしとしては、使い分けが大事だと思います。

そもそもリサイクル品とは?

空になった純正品インクカートリッジを再利用したもの。。。ってそのまんまですが。

よく家電量販店や郵便局など、インクカートリッジ回収箱で回収された使用済みのカードリッジを、リサイクル業者がインクを充填しなおして、残量を記録しているカードリッジに取り付けられたICチップをリセットしたものが、リサイクル品として販売されているわけです。

純正品よりも約2~3割(物によってはそれ以上に)も安いので、個人的にとってもおすすめ。

インクの質に細かくこだわらない方は是非使ってほしいところ。

ただしメーカー保障は期待できない

お得なリサイクル品ですが、一つ注意が。

それは、純正品ではないので、リサイクル品で万が一故障した場合には、メーカー保障を受けられない可能性が高いこと。

このあたりのリスクを踏まえた上で、このあとの説明も考慮して最適な物を選んでみましょう。

文字の印刷なら問題ないです

使っていて思ったのが文字の印刷は、問題を感じられませんでした。

普通に印刷できますし、読みづらくなるということはなかったと思います。

逆にイラストや写真は

細かな明暗が表現されるようなイラストや写真では、ちょっと質が落ちるように感じられます。

ただ、わたしの感覚なので、このあたりは人によって感じ方が変わってくるところ。

さらにプリンターの性能にもよるので一概には言えませんが。

ネット上で調べた中には、写真などの質が求められる場合には、純正品の方が良いという声が聞かれますね。

文字や簡単なイラストならリサイクル品で

私からすれば、文字やそこまで複雑ではないイラストなどは、リサイクル品で事足りると思います。

それ以外の写真では純正品を使ったほうがいいと思います。

(ただ、このあたりの線引きは人それぞれなので、まずは試してみることをおすすめします。)

とりあえず、そんな感じで使い分けをしていけば、リサイクル品は十分役立ちます。

インクが高いというプレッシャーを感じる方にも

純正のインクは高いと感じる方。

その高さからなるべく必要最小限の印刷にとどめようと意識してしまいがちならリサイクル品を。

安いインクならこれまでよりも気軽に印刷できます。

純正品では、ちょっと使っているうちにプリンターがもう1台買えてしまうぐらいに、費用がかかってしまいますからね。

これからの業界の動向

使い方によっては、断然リサイクル品の方が良く、純正品はあまり売れなくなりそうですよね。

実際、リサイクル品のシェアが増えているようで、純正品を取り扱っているプリンターメーカーとしては嬉しくない状況。

プリンターのコストをインクに上乗せして売ることで利益を得ている部分もあるので、プリンターの値段を上げて対抗することが今後あるかもしれないですね。

また、インクカートリッジに付属しているICチップのデータをリサイクル業者がリセットしていますが、これをメーカー側が暗号化で対抗しているようです。(リサイクル業者はそれを解析しているのだとか)

今後の動向にも注意したいところ。

おわりに

というわけで、純正品・リサイクル品、どちらにしようか悩んでいる方の参考になったでしょうか。

リサイクル品はとってもお得なので、それなりにプリンターを使う方なら絶対に考えてほしいです。

この記事を機会に、是非リサイクル品を試してみてください。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ