日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

SIMフリー版iPhone SEをご紹介

今回は、iPhone SEをご紹介したいと思います。

もうiPhone SEが発売されてから半年以上になるので、ちょっと?今更な感じもしますね。

でも、最近iPhone使ってみたいなという欲求が強くなったのと、そういえばアップルからSIMフリー版が販売されていることを知ったので、購入を検討しようと思いました。

特に4インチがいいですね。

友人が以前にiPhone 5sを使っていたのを見ていたのでとても良いなと思いました。

やはり、コンパクトで洗練されたデザインのものはすごく魅力を感じます。

そんなコンパクトさを維持したまま(というか概観はまったく同じ)、iphone6並に性能がアップしたiPhone SEはおすすめです。

 

値下げされたSIMフリー版iPhone SE

iPhone SEは2016年9月に発売されたiphone7に合わせるように値下げされました。 なので発売された当初と比べて、

  • 64G 59,800円 → 49,800円(税別)
  • 16G 47,800円 → 44,800円(税別)

というように安くなっています。個人的には16Gの方がもっと安くなってほしかったのですが、でもとりあえずうれしいですね。

このようにちょっとお買い得になっていますので、購入を考えている方は早速アップル公式サイトをチェックしましょう!

アップル公式サイト

あまり通話をしない方はSIMフリー版がおすすめ

キャリアで購入するべきか、はたまたアップルからSIMフリー版を購入するべきか悩むところですね。

特にどちらが一番安いのか!

そこで、どちらにするべきか判断材料として、毎月の通話時間が上げられます。

何でかというと、格安SIMを提供するMVNOでのサービスには、5分以内の通話はかけ放題というプランがあります。

このプランなら月々の料金を格安に抑えることができます。

でも、毎月の通話時間が長い方はキャリアでの定額プランを契約したほうが安くすみます。

詳細については下記ページご覧いただき、通話時間からご自身に適したプランを検討していただければと思います。

iPhone seの得する買い方(キャリア版&SIMフリー)

こんな頑丈なケースもあります

iPhone SEを購入したら、次は本体を保護するためのケースですね!

iPhone 5sと同じサイズなので、iPhone 5sのケースを使うことができます。

でも、個人的には頑丈なのがおすすめしたいです。

特に、私はアウトドア派でもないのですが、なんとなく防水・防塵・耐衝撃という言葉が大好きです。

そんなわたしがおすすめするケースが、VersionTech 改良版 防水ケースです。

これがどれだけ頑丈なのかというと、国際電気標準会議(IEC)が定める防水・防塵基準を高いレベルで満たしているということです。

具体的には防塵に対しては内部にチリが入らず、連続的に水没させても問題ないレベルです。

これだけの性能があれば少し濡らした程度ではまず故障に至ることはないです。

ただ、購入した場合は中に浸水しないかテストしたほうがいいです。

まれにですが、水が入ってしまう場合がありますので、ちゃんとチェックして問題があれば交換してもらいましょう。

VersionTech 改良版 防水ケース カバー

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ