日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

自分の位置情報を隠せる。カスペルスキーのセキュアコネクション

位置ネット上では、様々なサイトにアクセスすれば、あなたのIPアドレスなどの位置情報が足跡のように残ってしまうもの。

ただ、最近のカスペルスキーなら、位置情報を隠せる便利な機能が付いています。

ライセンス有効期間の方なら、無料版を利用することができるので、気になる方は試してみましょう。

 

カスペルスキーのセキュアコネクション

カスペルスキーを利用されているのなら、知っている方も多いかもしれませんし、カスペルスキーでも詳しく説明されているので機能と使いどころを簡単に説明しますね。

このセキュアコネクションを有効にすれば、通信は暗号化されて、IPアドレスも隠した状態になります。

なので、公衆無線LANなどの、安全性が高いネットワークなのかわからないときや、個人情報を入力する際に有効にしておくことで、他人に盗み見されづらくなります。

ECショップでの買い物も安心してできます。

位置情報を隠す

ブログやサイトを運営されていない方は知らないかもしれませんが、他人が自分のブログにどこからアクセスしてきたのか、市区町村レベルまで確認することができます。(あとIPアドレスも確認できます)

とはいっても、そこから個人を識別することはできないので、心配することではありませんが。

もし気になる方は、セキュアコネクションを使うことでその位置情報を隠してくれます。

(正確には別のところからアクセスしたように見せかけてくれます)

ちなみに、セキュアコネクトでちゃんと位置情報が変わっているのか、このブログを使ってテストしてみましたが、有効にしてこのブログにアクセスしたところ、アメリカからアクセスしていることになっていました。

gmailでは余計な認証作業が増えた

こうなってくると、ずっとこのセキュアコネクションを使い続けていれば良いように思えますが。

いくつかデメリットはあります。

例えば、gmailなどのメールサービスとか。

gmailではアカウント利用者の端末を記録しておいて、いつもの端末からアクセスしているのかチェックしています。

(もし別の端末の場合は、認証手順を増やして、不正アクセスで無いかどうかチェックします)

なので、セキュアコネクトを有効にしたあとアクセスしようとすると、未知の端末からアクセスされたものと認識して、不正が無いかどうか余計に認証手順が増えてしまいます。

こういった不正アクセスを防ぐやり方は、他のサービスでもありうるので、そういった点では手間が掛かってしまうことも。

また、銀行などのセキュリティがよりいっそう厳しい環境では、セキュアコネクションによる処理が怪しいと判断されて誤検知される可能性もあります。

なので、日常的に使うのではなく、セキュリティに不安を感じるときに使うべきですね。

 

悪用されそうな機能ですが

また、IPアドレスを隠すわけですから、悪用されないか心配ですね。

ただ、いくら隠しているといってもカスペルスキーにはログがしっかり残っていると思うので。

もし悪用していることがばれたりすれば、すぐに見つかると思います。

 

無料版は200MBまで

ちなみに、無料版は使用制限があって、転送できるデータ量は200MBまで。

上限に達すると、私が確認したときは約8時間は間を空けないと使えなくなります。

もうちょっと使えるようにしたいという方は、マイカスペルスキーにアカウント登録しましょう。

 

そうすれば、上限は300MBまでアップします。

使ってみると、案外無料版だけで満足してしまうかもしれませんが。

無料版では通信速度が遅くなることもあるので、頻繁に使う方はライセンスを買ってしまうのがおすすめです。

カスペルスキー セキュアコネクション

 

おわりに

というわけで、自分の位置情報を隠せる。カスペルスキーのセキュアコネクションでした。

カスペルスキーを利用されている方で、ネット上でのプライバシーを気にされているなら、是非試してみましょう。

 

機会があれば、無料版の使い方について書いてみようと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ