日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

  • HOME
  • その他
  • あまり知られていないLED照明のメリット・デメリット
公開日
更新日

あまり知られていないLED照明のメリット・デメリット

こんにちは。今回はLED照明のメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

これまでLED照明というと、電気代が安くなるとか、寿命が長いという部分が注目されていたように思いますが、それだけではありません。

あまり知られていないLED照明のメリットがあります。

 

 

蛍光灯よりも紫外線が少なく、虫があまり寄ってこない

虫って蛍光灯に集まってきますよね。

虫が集まってきてしまうのは、紫外線に反応するためです。

そして、蛍光灯は太陽光と同じように紫外線を発しています。

そのため、どうしても蛍光灯には虫が寄ってきてしまいます

でも、LED照明は蛍光灯と比べて紫外線が約1/200と低く、虫があまりよってきません。

夏場の屋外照明として非常に利用しやすいです!

紫外線が少ないので、展示品のライトアップにも最適

さらに紫外線が少ないことから、紫外線による展示物や食品の劣化を低減します。

展示物でなくても衣料品でも紫外線による日焼けを防ぐことができます。

紫外線で劣化しやすいものがあれば、LED照明を利用するべきですね。

ただ、ブルーライトやちらつきに注意

LEDでよく言われているのがブルーライトの危険性ですね。

LEDの普及した現代では、ブルーライトに晒される環境が十分に揃っています。

なので、ブルーライトの対策はちゃんと考えていかないといけません。

でも、そもそもなんでLEDはブルーライトが多いのでしょうか?

LED照明は青色LEDがメイン

LEDで白色を作る場合、普通に考えれば青と赤と緑のLEDを合わせればいいのですが、それだと製造コストが掛かります。

そこでコストを抑えるために考えられたのが、青色LEDだけをつかって発光させ、その光に反応する黄色の蛍光色素をあわせることで白く見せる方法です。

この方法では、LEDを三色発光させる必要がないためコストが安くすみ、多くのLED照明に利用されています。

その結果、青色LEDを発光元に使っているためブルーライトが多くなってしまいます。

また、最近のLED照明ではあまり言われなくなりましたが、照明のちらつきには注意が必要です。

ちらつきがひどい照明だと、頭痛の原因にもなりますのでLED照明を購入する際に注意しましょう。

最近ではブルーライトカットのLED照明があります!

そんなブルーライトの危険性のあるLED照明ですが、どうもブルーライトをある程度カットしたLED照明があるようです。

ルミナス ブルーライトカット LED電球という商品で、株式会社ドウシシャが出している商品です。

こちらのLED電球はどのような原理かわかりませんが、従来品のルミナスLED電球よりも70%もブルーライトがカットできているそうです。

ブルーライトをカットするためか、電球からの光は緑色よりの発光の仕方をするようです。

アマゾンレビューではちらつきも気になる程度ではなく、他のLEDよりも疲れづらいというレビューも散見されるので、ある程度効果が期待できるかもしれません。

オフィスやデスクの照明に使えば、なお良いかもしれませんね。

もしブルーライトが心配な方は購入を検討してみるといいかもしれません。

ルミナス ブルーライトカット LED電球

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ