日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

【WordPress】ロリポップからXサーバーへの引越し方法

ロリポップ XサーバーXサーバーが調べてみると評判が良いので、思い切って引っ越してみました。

引越しはそんなに時間がかかりませんでしたが、ちょっと躓いてしまったところもありましたので。

対処方法をを忘れないように、備忘録を兼ねて書いておこうと思います。

これから引越しをされる方の参考にしていただければと思いますが、引越しされる方の環境によって微妙にうまくいかないこともありますので、あくまで参考程度にお願い致します。

Xサーバーに登録しましょう

まずはXサーバーへの登録ですね。

これをしておかないとそもそも始まりませんので。

10日間の無料お試しがあるので、登録はすぐにできます。

(引越しが終わったら、本契約は忘れないように)

ただ、もし急いで引越しする必要が無い場合は、キャンペーンのタイミングでXサーバーを登録するのがおすすめです。

最近だけかもしれませんが、Xサーバーは結構頻繁にキャンペーンをやっています。

初期費用が半額だったり、独自ドメイン一つ無料だったり。

Xサーバー 公式

公式サイトのトップページにキャンペーンのお知らせが表示されるので、こまめにチェックしておきましょう。

ドメインの登録とwordpressを設定

登録が終わったら、引っ越すサイトのドメインとそのドメインにwordpressを設定します。

下記サーバーパネルからログインしましょう。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバー【エックスサーバー】

Xサーバー ドメイン wordpress

まずは、右上のドメイン設定から引っ越すサイトのドメインを設定します。

次に左下の自動インストールから設定したドメインに対してwordpressをインストール。

(インストールした後に表示される、MYSQLデータベースMYSQLユーザーMYSQLパスワードはメモしておきましょう)

インストールが終わったら、PHPver.切り替えから引越し元のPHPバージョンとあわせましょう。

ちなみに、ロリポップでPHPバージョンの確認方法は、ロリポップにログインして、サイドメニューのWEBツールの中のPHP設定から確認できます。

ロリポップからデータベースをエクスポート

ロリポップ データベース

次にロリポップからデータベースをエクスポートします。

ロリポップにログインして、サイドメニューのWEBツールからデータベースを選択。

phpMyAdminを開くを押せば、データーベースへログインするためのフォームが表示されます。

ここで入力する項目は、

  • ユーザー名 → 上記画像のユーザー名
  • パスワード → 上記画像のパスワード確認から確認できます
  • サーバー選択 → wp-config.phpから確認できる(WordPressのデータベース名と書かれた場所を確認)

となります。

phpmyadmin

ログインできたら、サイドメニューからユーザー名と同じ項目をクリックして、右上にあるエクスポートを押します。

ロリポップ エクスポート

エクスポートの画面に切り替わったら、

  • 詳細 – 可能なオプションをすべて表示を選択
  • テーブルは全選択
  • 下のほうにあるDROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加するにチェックを入れる

以上を行って実行を押せば、データベースをエクスポートできます。

FTPでロリポップサーバーからダウンロード

次のページを参考にFTPでwordpressデータを丸々ダウンロードしましょう。

FFFTPのインストールからマスターパスワード設定まで

【FFFTP】ロリポップサーバーへの接続方法

Xサーバーにインポート

次にロリポップでエクスポートしたものを、Xサーバーにインポートします。

サーバーパネルから、phpmyadminをクリックします。

Xサーバー admin

ログインフォームが表示されるので、Xサーバーにwordpressをインストールした後に表示されたMYSQL情報をここで入力します。

ログインできたら、左のサイドメニューからユーザー名として入力した文字列と同じ項目をクリック。

すると、wordpressのデータベース情報が表示されるので、すべてにチェックをいれて、削除します。

phpmyadmin デリート

こうすることで、ロリポップのデータベース情報をインポートする下地ができあがります。

削除後、上にあるインポートを押して、表示されたページからファイルを選択を押してロリポップのデータベースを選択、一番下の実行を押せば完了です。

FTPでダウンロードしたものをXサーバーにアップロード

ロリポップのデータを、FTPを使ってXサーバーにデータをアップロードします。

【FFFTP】Xサーバーへの接続方法

このとき、wp-configとhtaccessはXサーバーで用意されたものを使いましょう。

wp-configとhtaccessはXサーバー用に設定されたものなので、ロリポップのものにアップロードしてしまうとうまくいかないです。

アップロードしたら接頭辞を変更しましょう

ロリポップのphpmyadminのデータベースで設定されいる接頭辞がwp1やwp2で、Xサーバーでwordpressを自動インストールして設定された接頭辞と同じではない場合、うまくwebサイトが動作しません。

同じでなければwp-configのWordPress データベーステーブルの接頭辞という項目で設定ができるので、インポートしたデータベースの接頭辞にあわせましょう。

 

動作確認URLで最終チェック

次にうまく表示されるかチェックします。

サーバーパネルにある、動作確認URLから動作確認URL設定の追加を行います。

Xサーバー 動作確認URL

ただ、これだけではwordpressにログイン使用としても、ロリポップで公開されているページに遷移してしまうので、そうならないようにphpmyadminから設定しておきます。

wp-optionのURLを変更

phpmyadminにログインして、wp-optionsをクリック。

siteurlの編集ボタンを押して、独自ドメインが記述されている箇所に確認用URLを上書きして実行。

phpmyadmin option

これで、動作確認URLでwordpressの動作チェックも行えます。

あとはひととおり問題が無いかどうかチェックしましょう。

問題なければ、wp-optionsで設定したところをもとに戻しましょう。

最後にネームサーバーを設定

お使いのドメイン会社で設定されているネームサーバーの情報を、Xサーバーの情報に書き換えましょう。

私はムームードメインをつかっていたので、その設定方法を教えますね。

まず、ムームードメインにログインして、

  • 左のサイドメニューからドメイン操作をクリック
  • ネームサーバー設定変更を押して、表示されたドメインの横にあるドメイン設定変更をクリック
  • GMOペパボ以外 のネームサーバを使用するを選択してXサーバーのネームサーバー情報を入力します

(Xサーバーのネームサーバー情報は、サーバーパネルのサーバー情報から確認できます)ムームー ネーム

これでネームサーバー設定変更を押せば完了です。

ネームサーバーの情報は、変更されるのに1日ぐらいは時間がかかる可能性があるので、すぐに変更されなくても心配しないでください。

また、切り替わったとしても見た目が全然変わらないので、ちょっと文字を書き換えたりして切り替わったことがわかるようにすると良いです。

 

もしうまくいかないときには

wordpressのバージョンが違うとか、wp-configやhtaccessの設定を見直してみましょう。

また、wordpressのプラグインの影響も考えてみたほうがいいかもしれません。

ここでご紹介している意外にも、様々な方が挑戦しているので、そちらを検索して確認してみてください。

もしかしたらあなたと同じ状況で引越しされている方もいるかもしれませんので。

 

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ