日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

メタキーワードにSEO効果は無いようです

メタキーワード

これまでにも、メタキーワード(meta keywords)が検索結果に影響しないようなことはよく言われていましたが。

具体的にGoogleが使っていないとする根拠について詳しく知らなかったので。

今回はそのあたりを、調べてみたことをまとめてみたいと思います。

メタキーワード(meta keywords)とは?

HTMLソースのはじめのところにある、<head>内に記述するmetaタグのこと。

書き方はこんな感じに↓

<meta name=”keywords” content=”SEO,コンテンツ,ロングテール”>

これを各ページごとに良く使われている単語を選択することで、そのwebページがどんなキーワードで検索されたいのか、もしくは親和性が高いのか、検索エンジンにアピールできます。

ただ、今では検索結果に影響しなくなっています。

そもそもサポートされていない

下記のリンクで、googleがサポートしているメタタグが紹介されています。

google search console ヘルプ

そして、その中にメタキーワードはありません。

そもそもサポートされていないので、記事を書くたびにメタキーワードを丁寧に記述していても意味がないということに。。。

それでも、このブログではすべてのページでちゃんとメタキーワードを入れています。

カテゴリーページにもちゃんと入れてます。それなりに熟考していれてます。

いつかまた、メタキーワードがサポートされる日が来るかもしれませんし!

今後サポートされる可能性は、低いようです

下記のGoogleのブログによれば、可能性は低いです。。。

Google Webmaster Central Blog(英文)

ブラウザの翻訳機能を使って読んでみましたら、将来メタキーワードを使う可能性はあるけれど、考えにくいのだとか。

メタキーワードは悪用されることが多いため、無視するようにしたとも説明されていますね。

2009年の記事ですが、もうこの頃からこういった話があったんですね。

search consoleのHTMLの改善で、キーワードに関することがない

そういえば、日ごろ使っているsearch consoleで、メタキーワードについて指摘を受けることも無いですね。

search consoleのHTMLの改善という項目では、サイトへのアクセスなどパフォーマンス向上に必要なことをHTMLの観点から指摘してくれます。

とっても便利なもので、descriptionが長くないか短くないかなどを教えてくれます。

たま~にdescriptionを間違えてすごく短くしていた、なんてことがあったりするので。

そんなときにも指摘してくれるので、とってもありがたいです。

でも、ここでメタキーワードについて指摘されたことがないような。

やっぱりメタキーワードは駄目なのでしょうか?

おわりに

というわけで、メタキーワードは必要ないようです。

そもそも、その記事のキーワードは記事を作成した本人ではなく、Googleが決めないとおかしくなりますし。

みんながみんな都合の良いキーワードを勝手に決めるようでしたら、検索エンジンがちゃんと機能しなくなりますしね。

でも、一様これまで記述してきたメタキーワード、どこかで役に立たないかなぁと。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ