日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

格安スマホを契約する時の注意点とおすすめMVNO

今回は、格安スマホに移行する際に、注意点やおすすめのMVNOをご紹介したいと思います。

はじめて格安スマホを契約する際には、どんなプランにしたら良いのか、どんなことに注意すればいいのかわからないことばかりです。

わたしも一年以上前に契約したときには、右も左もわからない感じで、とりあえず安いという魅力から勢いで契約してしまいましたが、今はもう少し考えてみればよかったと後悔しております。

そんな私のようにならないように、この記事を参考になるべく失敗のないようにできたら嬉しいです。

 

 

目次

月間データ容量はどのくらいが良い?

プランを選ぶ際に良く出てくるのが、月間データ容量ですね。

よく1GB,3GB,5GBといった感じに、月に通信する量によって基本料金が決まっているあれです。

ちなみに月間データ容量は、メールやwebページの閲覧、YouTubeなどの電話以外のネットワークに接続してデータ通信を行うことで発生する、通信料のことです。

これを選ぶ際に、自分は月にどの程度データ通信しているか確認する必要があります。

もし、月に通信している量が少ないのであれば、それに合わせて安いプランを選ぶことができますので、必ず確認してください。

確認方法は、スマホからすぐに確認できます。

私がアンドロイドの方法しか知らないのですが、

設定アイコン > データ使用量 > と遷移していただき、概要と表示されたタブのとなりの項目をタップ

をすると、月々のデータ通信量が確認できます。

また、確認できなくても、目安として

1GBの場合

  • テキストのメールなら 約60000回
  • WEBページ閲覧 約3000回
  • YouTube 約3時間

となりますので、この程度に収まる方は1GB、それ以上の人は3GB,5GBタイプを選んでいただくことになります。

格安スマホの通話料は?

基本的な通話料はほとんど同じで、音声だけの国内通話なら20円/30秒です。

でも、通話料を割引するサービスを行っているところも多く、5分間の通話無料や通話料半額もあります。

MVNOを選ぶ際には、通話サービスはよく確認しておいてください。

また、lineの無料通話のように、データ通信(インターネット等)を使った電話を利用すれば、通信量が掛かるだけで通話料が掛かりません。

友人との連絡はlineを使うようにして、通話料を最小限に抑えることも可能になります。

メールアドレスはどうなるの?

キャリアを利用されている場合、キャリア専用メールアプリとメールアドレスを準備してもらえますが、MVNOで契約した場合にはその事業所専用のメールアプリやメールアドレスがない場合が多いので、自前で準備する必要があります。

例えば、googleが提供しているgmailを利用する方法が一番いいと思います。

手続きも簡単にできる上、スマホ用のgmailアプリも使いやすく、それまでキャリアから提供されていたメールアプリと遜色ありません。

MVNOで契約する際にgmailを進められたことがありますので、おすすめです。

MVNOの解約手数料・契約解除料金

キャリアでは2年縛りがありましたね。

契約更新月でないと解約の際に、解約金を払わないといけなくてすごく困りました。

でも、格安スマホではその縛りがないプランもありますが、まったくないというわけではありません。

よくあるのが、最低利用期間です。

契約してから最低利用期間内で解約してしまうと、解約金を払う必要があります。

でもこういったものは、大体期間が1年程度であることが多く、それが過ぎればいつでも安心して解約できますので、そこまで心配する必要はないと思います。

ただ、キャンペーンで今契約すればさらに格安になると紹介しているものは注意が必要です。

こういったものは、中には2年縛りのような契約内容であったりするので、折角格安スマホに変更してもお得感がなくなります。

なので、利用期間は注意してチェックしてください。

番号そのままで乗り換えできるMNP

MNPとは携帯電話番号ポータビリティのことで、今使っているスマホの電話番号を変えずに、他社へと移行することのできる制度です。

非常に便利な制度なんですが、MVNOでもそれが可能な事業者がたくさんあります。

もしこの制度を利用する場合には、MVNOの事業者が対応可能か公式サイトで確認し、また手続き方法の流れも公式サイトで紹介されているのでちゃんとチェックして置いてください。

ネットでの契約だけでなく店舗からも契約できます

よくMVNOや格安スマホにするには、実店舗がなくてインターネット上での手続きがメインに思われる方も多いと思います。

実際、ちょっと前まではそのとおりだったのですが、現在では全国の家電量販店などで店舗を置いているところも多く、店舗での契約が非常に利用しやすくなっています。

店舗であれば、契約の際にわからないこともすぐに確認できるので、非常に便利です。

格安SIMだけ契約して、端末はSIMフリーのiphoneを使うこともできます。

MVNOで契約すると、一緒にスマホも購入しなければいけないと思う方もいると思います。

でも、格安SIMだけを契約して、そのMVNOの事業者からスマホを購入しないということもできます。

そうすれば、例えばAppleの公式サイトでSIMフリーの最新iphoneを購入して、MVNOで契約した格安SIMを差し込んで利用するなんてこともできます。

MVNOでの契約はクレジットカードが多い

MVNOでは、月々の支払いをクレジットカードで対応する場合が多く、インターネットや店舗で契約する場合でも、クレジットカードが必須です。

また、店舗での契約では他にも本人確認書類等、必要な書類がありますので、あらかじめ公式サイトで確認して置いてください。

おすすめのMVNO

ここまで、長くなってしまいましたが、最後におすすめのMVNOを紹介したいと思います。

U-mobile




U-mobile

おすすめなポイント

  • U-NEXTが提供するmobileサービス
  • 無料で通話料が半額にできるサービスあり
  • 毎月300回!10分以内の通話が無料にできるプランあり
  • 家電量販店に店舗あり(ヤマダ電機では全店舗で取り扱い)
  • 10種類以上の端末を取り扱い
  • MNPにも対応
  • SIMの動作端末は100種類以上(iphoneも対応)

店舗数も多く、店舗で契約を考えている方には利用しやすいと思います。

それにU-NEXTが提供していることもあって、mobileサービスとU-NEXTがもつ動画・音楽と紐付けたサービスプランもあります。

以上が、おすすめMVNOになります。ここで紹介した以外にも、様々なMVNOがありますので、この記事での情報を踏まえて、ご自身にあったMVNOを探してみるのもいいと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。次はおすすめのSIMフリー端末を紹介してみたいと思います。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ