日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

ちょっとした電話料金を抑える。格安スマホで通話半額アプリを利用する

スマホ格安スマホを利用している場合、通話料はだいたい30秒20円ですよね。

ただ、多くの格安スマホプラン提供会社が通話半額アプリを出しているので、さらにお得にできたりします。

今回は、絶対に使っておきたい半額アプリに関することを書いてみたいと思います。

 

設定し忘れていると結構な額に

そもそも通話料金が30秒20円ってちょっと高いですよね。

5分話しただけでも200円で、一月に1時間話せば2400円!

折角格安スマホを利用しているのに、これではもったいないところ。

とはいっても、仕事で使うわけでもなく、親しい友人なんかと話すことが多くなるので、その場合はラインの無料通話などを使えばいいことですが。

ただ、突発的な仕事がらみの電話や緊急通報などで微妙に必要に迫られることも。

そんなときには通話料がそれなりに発生してしまうので、アプリは念のため入れておきたいですね。

 

通話定額プランか半額通話か

個人的には、キャリアで契約していた際は通話定額プランに入るのは結構当たり前のように感じていました。

でも、格安SIM・スマホのサービスが始まってからは、定額プランか半額通話のどちらを選ぶかというところが大事だと思います。

ラインによって無料通話ができるようになったことで、プライベートな電話はほとんど料金が掛からなくなりましたし。

定額プランでは基本料を支払う必要がありますが、その基本料に届かない程度にしか通話料が掛からないということもあります。

もし、定額プランにするかどうか悩んでいる場合は、半額通話を使った場合に定額プランの基本料を上回るのかどうか、しっかりと計算してみましょう。

 

誤操作による通話状態は避けましょう

通話料が多少高い分、気をつけたいのが誤って通話状態にしてしまうこと。

ガラケーと比べてスマホは、知らぬ間に誤操作することが起きやすいので、注意したほうがいいですね。

(ただ、それでずっと通話状態になってしまうのはまれなケースですけどね。相手も気づくでしょうし)

気になる場合は、ケースを取り付けて多少パワーボタンが押しづらくなるようにしてみましょう。(あとはパスワードを設定したり)

 

各MVNOの半額アプリ紹介

 

楽天でんわ

楽天でんわは、電話回線を使った通話料半額アプリ。

半額で、しかも電話回線を使っているので、安定した通話ができます!

そして、このアプリは楽天以外の他社で格安SIMの契約をされていても利用することができます。

こういった半額サービスを提供していないところもあるので、そんなときに利用してみるのもおすすめですね。

ただ、楽天以外で契約しながら楽天でんわを利用する場合は、請求元が一本化できません。

大した問題ではないと個人的には思いますが、請求元が複数になるのが嫌な場合は注意しましょう。

 

主な各事業者の半額アプリ

こんな感じに、各事業者ごとに半額アプリを提供しているので、これから半額通話サービスを利用する際は、今契約されているところで半額サービスがないか調べて見ましょう。

ただ、利用してみると、通話が安定しないという場合も中にはあるので、そんなときには楽天でんわを考えてみるのも手ですよ。

 

まとめ

というわけで、まだまだ半額アプリを使っていない方は、是非検討してみましょう。

定額プランを利用されていても、実際使ってみると案外通話しないということもあったりするので。

これからプランを見直すにしても半額アプリはしっかり考慮してみたほうがいいですよ。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ