日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

ニンテンドウ64ミニがもし発売するなら、入れてほしいタイトル

リストファミコンミニに続いて、スーパーファミコンミニも今年発売されましたね。

このペースで、ニンテンドウ64ミニが発売されるのに期待したいところ。

今回は、もし発売されるなら個人的に入れてほしいタイトルをご紹介したいと思います。

ただ、ここでご紹介するものはみなさんプレイされているものとして、話をすすめますのでご注意ください。

 

爆ボンバーマン

最初はこちら。

 

爆BOMBERMAN 【Wii Uで遊べる NINTENDO64ソフト】|オンラインコード版

新品価格
¥1,028から
(2017/12/16 02:15時点)

ボムジャンプが非常に面倒な、あの爆ボンバーマンです。

普通にクリアする分には、ストーリーモードはそこまで難しくはありません。

ただ、ストーリーモードに出てくる収集アイテムをコンプリートしようとすると、そのボムジャンプが必要になるわけですが。

このボムジャンプが非常に使いこなすのが難しくて、挫折してコンプリートどころか半分も集められなかったと思います。

でも、これまでのボンバーマンと比べて、ストーリーモードのアクション性や謎解きなどが良くできていて、とっても面白かったですね。

なのでもしミニとして復刻するのなら是非入れてほしいですね。そして今度こそコンプリートしてみようと思います!

ちなみに、最近まで、真のボスがいることを知りませんでした。。。

 

爆ボンバーマン2

爆ボンバーマン2

新品価格
¥3,480から
(2017/12/16 02:16時点)


続いては、爆ボンバーマンの次回作、爆ボンバーマン2です。

ボムジャンプを活用する場面は、一部を除いてほとんどなくなりましたので、そうゆう意味ではゲームバランスがよくなった作品。

ただ、その分を補填するがごとく、ストーリーモードでのボスの強さがちょっと異常な作品。

ボスに何どもやられるもんだから、再度ボス部屋の前に来ては「今度こそ勝てるのだろうか。。。」となかなかどきどきしたものです。

とはいっても理不尽なまで難しいというわけではないと思いましたし、何どもやっていればどうにかなります。たぶん。

難易度はなかなか歯ごたえがありますし、ストーリーモードの謎解きなんかも健在で、爆ボンシリーズでは一番嵌まりました。

(収集アイテムのコンプリートのしやすさも、嵌まった原因の一つかもしれません)

 

がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり

次はこちら。

【送料無料】【中古】N64 任天堂64 がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり

価格:970円
(2017/12/16 02:18時点)
感想(0件)

この作品は、タイトルの候補として選ばれることが高そうな、有名な作品ですね。

難易度もそこまで難しく無いので万人受けしやすい。。。というよりもちょっとやさしすぎるように感じました。

というのもこのゲーム、ライフが異常に多い!

ライフアップするために、アイテムを集める必要がありますが、全部コンプリートしたときにはライフをゼロにしてゲームオーバーになるほうが難しいってレベルで多いんですよね。(序盤でも無い限り、ライフゼロでゲームオーバーになったことがほとんどなかったように思えます。)

いちおうライフがゼロになったときの保険として、おにぎりという自動回復アイテムがありますが、まったく存在感がないです。

とはいってもそれ以外はよくできていて、N64の3Dポリゴンを駆使した日本全国各地(いけないところももちろんありますが)を回れるのは、本当に旅や冒険をしている感じが味わえますし、それにインパクト戦もよかったですね。

是非入れてほしいタイトルです。

 

がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り

最後はこちら↓

【中古】ニンテンドウ64ソフト がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り (箱説なし)

価格:1,980円
(2017/12/16 02:19時点)
感想(0件)

これもがんばれゴエモンシリーズから、前回のネオ桃山とは違って横スクロールのアクションがメインになった作品。

ネオ桃山のような、フォールドを駆け巡って冒険するようなものではなくて、各ステージを選んでクリアしてまた次のステージへ、といったような感じに。

ネオ桃山幕府を好きになった人によっては、合わないかもしれませんが。

でも、前作のものと比べてあっとうてきに違うことがあります。

それが、難易度が高いこと!

前作ではライフがこれでもか!ってぐらいにありましたが、それとくらべると圧倒的に少なく、上限を増やすアイテムもありますが、それも一時的なもので、1回ミスすると元に戻ってしまうんですよね。

とはいっても、ある意味正常な状態に戻ったように思えますが。

なかなか歯ごたえのある難易度なので、そういった雰囲気を味わいたいという点でタイトルに入れてほしいですね。

 

一つのシリーズから、2タイトルは。。。

というわけで、個人的にいれてほしいタイトル4本でした。

ただ、たぶんこの4タイトルの中から1つは出るかもしれませんが、普通は相当人気作でなければ一つのシリーズから2タイトルもでないですよね。

でも、もとからニンテンドウ64はタイトル数が少ないじゃないですか。(N64は全208タイトル。ちなみにプレステは約3000タイトル!)

なので、もしかしたら。。。いやないかな。

 

次は3Dなので、発売まで時間が掛かりそう

ファミコンミニが2016年11月に発売され、翌年の10月にはスーファミミニが発売されましたので。

一年足らずで次回作が出たわけなので、この勢いで来年にはニンテンドウ64ミニなるものが発売されればいいのですが。

N64からは3Dなので、すぐにとは行かないかもしれませんね。

それに、ファミコンミニに入っているタイトルが30タイトルに対して、スーファミミニは21タイトル。

作品が新しくなるごとにソフトごとのデータ量も多くなってしまいますし、3Dとなればそれだけのグラフィック性能をあの小さい本体にまとめなければいけないので、タイトルが減ってしまうのは仕方がないことですが。

ニンテンドウ64ミニでは、20タイトル近くを維持してほしいです。

 

まとめ

というわけで、どんなタイトルが収録されるのか待ち遠しいニンテンドウ64ミニ。

まだ、発売されるとも開発されているともはっきりとわかりませんが、他のサイトでも似たように入るであろうタイトルを予想されていますね。

それぐらい人気商品でもあるニンテンドークラシックミニシリーズということで、今後も注目されていきそうです。

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ