日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

パーマリンクはカテゴリーを含めず簡潔にするのがおすすめ

アドレスこれからWordPressで記事を書く方に注意してほしいのが、パーマリンクの設定です。

記事のリンクアドレスは、後から変更できますが、あまりおすすめできません。

今回は、簡潔にすべき理由と、その方法をなるべく初心者の方にもわかりやすくご紹介したいと思います。

階層がわかるようなアドレスが一番良いですが

xxx.com/seo/keywords

上記のように、ドメイン名/カテゴリー名/記事名といったような書き方の方が、どのカテゴリーに属する記事なのか、URLを見るだけでわかりますね。

googleなどの検索結果一覧でも、各ページごとのURLも表示されるので目に付きやすく、わかりやすいURLのほうがクリックされやすいのかもしれません。(実際はわかりませんが)

ただ、記事を管理する際に、デメリットになることも。

カテゴリーを変更しづらくなる

一番のデメリットはこれです。

記事を書いていくうちに、新たにカテゴリーを細かく分けてみたい、こっちのカテゴリーにまとめたほうがいいかな?。。。なんてことがあった場合。

違うカテゴリーに記事をまとめようとすれば、WorsPressの設定によりますが、パーマリンクを下記のように変更することになるわけです。

SEOカテゴリーのとき、

xxx.com/seo/keywords

blogカテゴリーに記事を移すと、

xxx.com/blog/keywords

記事を公開していないときにカテゴリーを変更するのは問題ありませんが、公開した後に変更するとちょっと大変なことになります。

検索結果で古いほうのURLのままになる

googleなどの検索エンジンは、リアルタイムでサイトを監視していません。

そのため、URLが変更されても、その変更された情報が反映されるまでに時間が掛かります。

なので、反映されるまでは、上の例で紹介したようなSEOカテゴリーに属していたときのURLを検索結果に出してしまうことも。

そうなると、記事に興味があった人がクリックしても、最新のURLでないため、記事が存在しないといったメッセージが表示されることになります。

サイトへの集客に影響してしまうので、絶対に避けておきたいところ。

パーマリンクは簡潔にするのがおすすめ

というわけで、記事のパーマリンクはカテゴリー名など含めず簡潔にしましょう。

ちなみにこれまでの例で言うとこんな感じに↓

xxx.com/keywords

簡潔にするやり方

やり方は簡単。

WordPressにログインして、設定の中のパーマリンク設定を選びます。

そうすると、カスタム構造という項目がでるので、入力欄に/%postname%と入力しましょう。

入力したら、ページ一番下にある変更を保存を押します。

これで設定は完了で、これまでどおり記事作成を行うと、パーマリンクの項目のところが、記事のタイトルが日本語で入るようになると思います。

そのパーマリンクすぐ横の編集を押すことで、好きなリンク名に設定できます。

パーマリンク

OKを押せば設定は完了です。

簡単なので、是非試してみてください。

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ