日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

SEOで大事な、サイトマップ作成におすすめのプラグインと生成サイト

サイトマップブログ・サイトがインデックスされやすくするために必要な、サイトマップ。

ブログを早くサーチエンジンに認識してもらうための基本的なことなので、是非試しておきたいところ。

今回は、WordPressを導入されている方におすすめなプラグインと、それ以外のプラグインを利用できない方におすすめな生成サイトをご紹介。

 

プラグインならGoogle XML Sitemaps

まず、WordPressでブログを運営されているのなら、Google XML Sitemapsがおすすめ。

このプラグインは、一度導入しておけば、自動的にサイトマップを生成してくれるので手間が掛かりません。

それに、記事を更新するたびに、これまた自動でサイトマップもその度に生成してくれるので、常に最新の状態にしてくれます。

 

導入方法

プラグインの導入方法は、下記のバズ部さんのところで詳しく紹介されているので、そちらに丸投げします。

Google XML Sitemapsの設定方法 バズ部

ちょっと説明が長くなるのと、こちらの方が非常に詳しくまとめられているので。

 

できたらローカルで検証を

ちなみにプラグインを入れる際は、バックアップは当然のことながら、できればローカル環境で検証されることがおすすめです。

上のバズ部さんのほうでも書かれているので、そこも参考にしてみてください。

ちなみに私はローカル環境で検証したことはほとんどありません。

最初の頃は、XAMPPを使って検証したことはありますが、段々面倒に感じるのと、不具合が発生したことがないので大丈夫だろうという根拠の無い自信があったので。

でも、万が一起きてしまうと泣きそうですね。

それがある程度記事数をつぎ込んだブログなんかでどうにもならないような不具合が発生したときには、泣くどころではすまされなさそう。

ただ、バックアップを取っていれば、そこまで絶望はしませんが。

 

導入したら、Search Consoleに設定を

Google XML Sitemapsを導入したら、ついでにSearch ConsoleにサイトマップのURLを設定しておきましょう。

Search Consoleに登録しておくことは、SEO対策ではよく推奨されていることなのでやっておくのがおすすめ。

やり方について説明しますが、ここではSearch Consoleはすでに利用されていること前提で説明しますね。

Search Console自体、まだ触ったことがない方には、いつか導入の仕方の記事を書いておこうと思います。

とはいっても、私が説明しなくてもgoogle検索すればたくさんそれらしい記事は出てくると思うので、気になる方は検索してみてください。

 

さて、それでSearch Consoleへの設定方法ですが、まずSearch Consoleを開いて左にあるメニューの中の、クロール→サイトマップを選択。

 

サイトマップ

 

サイトマップのページが開いたら、画面右上にあるサイトマップの追加/テストを押します。

そうすると、サイトマップのURLを入力するフォームがあるので、そこにsitemap.xmlと入力しましょう。

入力して送信ボタンを押すと、Search ConsoleからGoogleへとサイトマップの存在を知らせてくれます。

あとは待っていれば大丈夫です。

そのうち、Search Consoleのサイトマップページで送信されたブログのページ数と、そのうちインデックスされた数の進捗が表示されるようになります。

これが順調に増えていけば、ちゃんとgoogleがブログの記事を認識しに来ていることがわかるというわけです。

 

ちなみに、サイトマップファイルの場所はドメイン直下

ちなみに、sitemap.xmlはサイトマップのファイル名です。

このファイルは、基本的にはドメインの直下においてあるもの。

なので、例えばhttp://aaa.comというドメインのサイトがあればその直下の、

http://aaa.com/sitemap.xml

ということになります。(index.htmlまたはindex.phpと同じ階層にあるというわけです)

 

プラグインが使えない場合は

プラグインの導入がうまくいかなかったり、WordPressではない違うサービスを利用されていてそもそもプラグインが利用できないという方には、下記サイトがおすすめ。

xml-sitemaps

Create your Google Sitemap Online – XML Sitemaps Generator

このサイトなら、サイトマップを生成したいブログ・サイトのURLを入力するだけで、無料で作ってくれます。

ただし、生成できるページ数は500までと、上限があるので注意してください。

ちなみにSTARTボタンのすぐ下にある、More optionsからオプション設定ができて、

  • Include “Page Last modification” attributeはブログが最後に変更された時間を記述するかどうか
  • Automatically calculate “Page Priority” attributeはページの優先順位を自動的に設定するかどうか
  • Pages “Change Frequency” attributeからはページの更新頻度の設定

といった設定ができます。

一番目と二番目は、説明すると長くなりそうなので、とりあえずよくわからなければそのままONにした状態で大丈夫です。

三番目はページの更新頻度なので、ブログを更新される頻度に合わせて設定していただければと思います。

設定したら、ブログのURLを入力して、STARTボタンを押しましょう。

 

あとはゆっくり待ちます

STARTボタンを押すと、下記のような画面になって作業が進み、完了すればView sitemap detailsというボタンが表示されます。

サイトマップ 完了

ちなみに、REMAININGは作業が完了するまでの予想時間で、QUEUEDがサイトマップに追加する残りのページ数だと思われます。

これで、View sitemap detailsボタンを押せば下記のようにダウンロードボタンがあるページに移ります。

サイトマップ ダウンロード

これを押せばダウンロードが始まり、sitemap.xmlが手に入ります。

 

index.htmlと同じ階層にいれて、Search Consoleに設定しましょう

あとは、手に入れたsitemap.xmlを契約されたレンタルサーバーのFTPやフリーソフトのFFFTPなどのファイル転送ソフトを使って、ドメイン直下であるindex.htmlまたはindex.phpと同じ階層に入れてしまいましょう。

そしたら、上のほうで書いた、導入したら、Search Consoleに設定をで説明したとおりにやってみてください。

そこまでやれば、サイトマップの設定は完了です。

 

おわりに

というわけで、プラグインを使う場合と生成サイトを利用する場合の二種類をご紹介しました。

プラグインを使わなくても、簡単に生成してくれるサイトがありますので、プラグイン以外をお考えの方は利用してみてください。

ただ、記事を書く毎に生成サイトでサイトマップを作る必要があるので、頻繁に更新される方には面倒に感じるかもしれませんね。

たくさんの記事を扱う場合には、是非WordPressを利用して、ここでご紹介したプラグインを使っていただくのがおすすめです。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ