日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

格安スマホや格安SIMとは?

最近、巷でも利用者が増えてきた月額料金の安い格安スマホ。

それまでスマホ料金が月額6000円以上掛かっていた人が2000円まで削減できるので、とってもお得ですよね。

私も一年以上前から利用していて、毎月2000円に月額費用を抑えられています。

それだけお得なので、興味がある方は是非利用してほしいです。

でも、いままでキャリア(docomo、au、softbank)を利用している方から見れば、どんなものなのかイメージがつかめず、格安スマホへ変更するにもハードルが高いですよね。

そこで、これから利用しようと検討している方の参考までに、格安スマホについてまとめてみたいと思います。

 

目次

そもそもSIMとは?

モバイル端末(携帯電話、スマホ)を契約された際に、係りの人が携帯電話に差し込んでいる、あの小さいカードがSIMカードです。

SIMはSubscriber Identity Module(加入者識別規格)の略だそうで、携帯端末がインターネットやメールといったデータ通信、音声通話等をできるようにするため、固有のID番号が付与されたICカードになります。

簡単に言ってしまえば、携帯端末がデータ通信や音声通話するために必要なネットワークに接続するための、鍵のようなものです。

ちなみに一般的にはSIMといわれればSIMカードのことを差すそうです。

あとSIMカードには、何種類かのサイズがあります。

  • 標準SIM:縦 25mm 幅 15mm
  • microSIM:縦 15mm 幅 12mm
  • nanoSIM:縦 12.3mm 幅 8.8mm

面倒なことに、購入する端末によって対応するSIMの大きさも違うので、しっかりチェックして置いてください。

simフリーとは?

格安スマホでよく出てくるワードがSIMフリーですよね。

そのSIMフリーはなんなのかといいますと、

SIMロックが解除されたモバイル端末 = SIMフリー

になります。

では、SIMロックが解除されたモバイル端末とはなんなのか。

それを説明する前に、SIMロックというものがなんなのかを知る必要があります。

そもそも、スマートフォンを購入してデータ通信や音声通話がしたい場合には、大まかにスマートフォン本体とSIMカードが必要になります。

そして、SIMフリーが登場するまでは、スマートフォン毎に対応するSIMカードは決まっていました。

例えば、

  • docomoで購入したスマートフォンはdocomoが提供するSIMカードしか対応できない。
  • auで購入したスマートフォンはauが提供するSIMカードしか対応できない。
  • softbankで購入したスマートフォンはsoftbankが提供するSIMカードしか対応できない。

キャリアなどは自分たちの販売したスマートフォンは自分たちの提供している回線(SIMカード)しか使えないように”ロック”をかけていた、これがSIMロックになります。

そして、そのSIMロックを解除したものが、SIMフリーのスマートフォンとなります。

SIMフリーはいつから?解除方法は?

ガイドラインを総務省が改正したことで、2015年5月1日以降に発売されている機種のすべてが、SIMロックの解除対象です。 (ただ、それ以前の機種でも一部SIMロック解除が可能な機種もあります。気になる方は 公式サイトで確認してみてください)

では、それ以降に購入した機種なら、他の通信会社のSIMが差し込めるかというとそうではありません。

最初からSIMロックが解除された機種も販売されておりますが、キャリアで購入された機種では、ロックが掛かっています。

そのため、購入先のキャリアに行って、解除してもらう必要があります。

そして注意しなければいけないのが、解除する際の手数料です。

購入先キャリアのショップへ行けば、SIMロック解除が可能ですが、事務手数料3000円(税抜き)が発生してしまいます。

ですので、ショップには行かず、電話かインターネットからの手続きがおすすめです。

電話やインターネットからもSIMロック解除を受け付けていて、こちらから行えば無料ですみます。(すべての機種というわけではありません。一部はショップへ行く必要があります。)

ただし、キャリアによっては持っている機種が契約期間中でないとSIMロック解除ができない可能性もあるので、注意してください。

SIMフリーにするとなぜ格安スマホにできるのか?

やはり、通信事業所を好きなように選べるということですね。

SIMロック解除をする、もしくはもともとSIMフリーのスマホであれば、持っているスマホが今契約している通信事業所に縛られることがなくなり、様々な通信事業所を選ぶことができます。

そして、後述するMVNOなら、これまでのキャリアでは考えられないような料金で契約することができますし、キャリアのような2年縛りがないものもありますので、とってもお得になります。

格安スマホを実現できるMVNOとは

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、日本語名では仮想移動体通信事業所といって、自社で無線設備を持たずに通信サービスを行う事業者です。

どういうことかというと、データ通信や音声通話を行うためには、無線通信回線設備が必要で、その設備を持っているのがNTTドコモやKDDI等ですね。

そして、MVNOはそういった事業者から設備をレンタルして通信サービスを行っているというわけです。

そのため、MVNOは自前で設備を持たないため、設備の維持費等が掛からないので、格安サービスを提供することができます。

設備の費用を浮かせて格安サービスを提供する、そういった事業所が提供したものが格安SIMということになり、そのSIMを使うことで格安スマホにできるというわけです。

さらに近年では、参入する事業所も増えているため、競争も激しくなり、キャリアでは考えられないような格安プランも続々出てきておりますので、是非確認してみてください。

まずは料金シミュレートしてみるのもおすすめです

以上までが、SIMカードから格安スマホに至るまでの、基礎的な情報まとめになります。

内容がわかりずらかったらすみませんが、もし少しでもこの記事が参考になっていただけたらうれしいです!

また、どの程度安くなるのか、UQmobileのサイトにあります料金シミュレーターを試してみるのもいいですね。

UQはあのガチャ●ンとムッ●のCMで有名なあれです。

無料ですので参考にしてみてください。

UQ mobile

次回は、おすすめのMVNOをご紹介しようと思います!

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ