日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

シムシティ4で自分だけの街を作ろう!

今回は私がはまっているシムシティ4を紹介しようと思います。

初リリースが2003年なので、10年以上前のゲームです。

でも、今もプレイしている方がいて、BAT/LOTがつくりつづけられているそうです。

かくゆう私も数年前からプレイし始めて、街づくりを楽しんでいます!

この記事でどんなゲームでどんな魅力があるのか、導入方法も含めて紹介したいと思います。

 

自分だけの街が作れる

これまでのシリーズ同様に地形から自由に設計できるので、平坦な地形から川や海に面した地形や山岳地帯、さらに船舶輸送も今作は追加されているので、孤島でも街づくりが可能です。

さらに、街を公害産業のない環境にやさしい都市にしたいとあれば、公害のすくないハイテク産業をメインにした街づくりと自由に作れます。

といっても言葉だけでは伝わりづらいところもありますので、実際に私が作っている街を紹介しようと思います。

今、私が作っている街はこんな感じです。

街の中心部を川が通っていて、左側は住宅地区と商業地区になっていて、右側は工業地区になります。

この画像からだと、街と言われても遠目からでなんだか良くわからないと思いますので、一部拡大しながら、この街がどんな感じなのか説明したいと思います。

住宅地区の雇用状況

この画像は住宅地区になります。

見ての通りたくたんのアパートや構想マンションが立ち並んでいます。

ただ、ここで注目してほしいのが赤いマル状のマークですね。

このマークは、その建物で失業者がいることを表しています!

このゲームでは低所得者層や富裕層、さらには教育レベルで住民たちが働ける場所が決まります。

なので、テキトーに商業地区を作ったり、工業地区を作ってもちゃんと働いてくれません。

工業地区でも公害が多い仕事は嫌われたり、ハイテク産業を進めようとしても教育レベルを上げるための必要な施設や条例、健康への配慮などを取り組んでいないと、いつまでたっても進みません。

そのため、住民たちが今どんな仕事を求めているのか、教育や健康面の取り組みはどの程度進んでいるのかといったように、住民たちの状態をしっかり把握して街づくりを進めなければなりません。

そうでないと私の街のように、失業所が溢れてしまいます。

交通渋滞

画像はタイミングよく交差点で停車していた救急車が追突されたところをキャプチャしたものです。そのほかの車両も事故に巻き込まれて歩道に乗り上げたり。

シムシティ4では、一部の道路に交通量が集中しすぎると交通事故の発生件数が増えてしまうなんて状況にもなります。

そして、ちゃんと事故が起きているところまで描写してくれます!

さらに交通量の集中は車を使って通勤している住民の通勤時間に影響し、車の排気ガスによる大気汚染の影響もあって解決しなければいけない問題です。

電車や地下鉄、バスや公共サービスを促す条例を制定するなどして改善していきます。

汚染

画像の右側は工業地区、左側は街の中心を流れている川です。

見ての通り、川は泥のような色をしています。

工業地区による影響で土壌が汚染されているためです。

過去作もそうだったかもしれませんが、工業地区は大気汚染だけではなく、土壌も汚染してしまいます。

特にゲーム序盤は市民の教育レベルが低いため、公害産業がメインになってしまいがちで、あれよあれよと汚染がすすみます。

そして汚染された感じもちゃんと描写してくれます!

以上のように、街に住む住民たちの状況、交通状況や公害で汚染されているところまで、詳細に描写していて、見ているだけで面白いですよね。

そんな問題を解決しながら街を発展させていくのが楽しいところでもあります。

そして、ここまで説明した内容でお分かりいただけたと思いますが、この街はうまくいっていません。

公害産業からハイテク産業への移行が全然進まない。

失業者が多い。公害も酷い。

こんな街、住みたくないですね。。。

BAT/LOTとは?

BATというのは建物設計ツールのことで、これを利用すれば自分で好きな建物を一からデザインすることができます。

そして、LOTというのはロットエディターのことで、BATのように一からデザインするのではなく、もともとあるシムシティー4のデザインされたパーツを利用して、一つの敷地の中で自由に並べたりして自分だけの建物をデザインできます。

もし試してみたい方は、下記サイトで詳細に説明されているので、確認してみてください。

Lot Editor & B.A.T.

最近のPCで動くの?

2003年に発売されたゲームなので、気になるのが最近のPCで動くのかですね。

私はアマゾンで販売されているSimCity 4 Deluxe Edition ダウンロード版(言語は英語)を購入しているので、その場合でのPCとの相性を説明したいと思います。

アマゾンでの商品説明では対応OSはWindows XPだけとなっています。。。

ただ、購入された方の口コミではwindows7でもちゃんと動作していると書かれています。

それに、わたしのパソコンでも、32bit/64bitで両方とも問題なく動作しています。

なので、windows7なら問題ないと思います。

またPCの性能によっては強制終了することもあります。

こちらについては下記サイトで対処法が細かく説明されていますので、確認してみてください。

強制終了してしまう際の対処法

日本語化はできる?

わたしのようにアマゾンのダウンロード版を購入する場合には、英語版になります。

なので、街を作る際のツールやら市民たちの要望やらがすべて英語になりますので、なかなか慣れるまではやりづらいです。。。

私は翻訳したり、下記攻略サイトと照らし合わせたりしてなんとかできていますが、人によっては非常にやりづらいところではあります。

シムシティーフォース

なので、日本語化できれば良いのですが、公式から日本語化するためのファイルが提供されていないので基本的には無理です。

また、過去に日本語版を購入されていれば、そこから言語ファイルを移して日本語化できるという話もありますが、公式なやり方ではないのでおすすめしません。

もし下記ダウンロード版を買う場合はそのあたりのことも考えて購入しましょう。

SimCity 4 Deluxe Edition (英語版) [ダウンロード版]

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ