日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

片側からの脱毛は目の疲れが原因かもしれません!

通常、AGA(男性型脱毛症)は多くの場合、生え際から後退が始まり、M字のように脱毛が進んでいきます。

そのため、片側だけというのAGA以外の原因が考えられるようなので。

私自身も生え際の左右のバランスが違うように感じたので、原因を調べてみました。

 

目の疲れと脱毛の関係

真っ先に思いついた原因がこれですね。

今では目の疲れと脱毛の関係はよく取りざたされている話ですが、それと加えてあることが気がかりでした。

それは、視力の左右差です。よくガチャメとか言われるあれです!

片方は視力がいいけど、もう片方の視力が悪い状態です。
この状態ですと、メガネをかけていても、片方の目に負担をかけてしまう場合があります。

なんでメガネで両目ともよく見えるようになっているのにもかかわらず、片方の目に負担をかけてしまうのか?

それは、左右で度数が大きく違うめがねをかけると、両目で同じものを見ていても、度数の違いから左右でものの見える大きさに差が出てしまうからです。

イメージとしては、度数が強いレンズでは虫眼鏡のように、レンズ越しで見るものが大きく拡大されて見える感じです。

この状態になってしまうメガネで生活していると、両目とも同じ視力でも、見えるものの大きさに差異があるため、目がその差異をバランスの良い状態に戻そうするため、目の負担が増えます。

その負担が、例えば利き目として機能しているほうに負担が大きなリ、ドライアイや目の周りの筋肉がこわばり、それに近い部分の頭髪の生え際の血流が悪くなり、片側だけ脱毛が進行すると思われます。

おすすめな対処法

目薬

目の筋肉の疲れをとるなら、ビタミン剤配合の目薬がおすすめです。 また、特におすすめなのが、Santenのソフトサンティア ひとみストレッチです。

この目薬はビタミン配合なので、乾き目で目が疲れている方に、ある程度目に水分と、筋肉のコリ解消が期待できます。

そして、防腐剤は無添加ですので、安心して使うことができます。

こちらは、お医者さんの処方箋も必要なく、薬局や薬店で購入が可能ですので、是非おすすめです。

コンタクトレンズ

ガチャメで両目との視力の差がある程度大きいと、メガネがうまく合わず、目に負担をかけてしまいます。

ですが、コンタクトレンズではその心配がありません。

そもそも、メガネの左右での度数(レンズの厚み)の違いが、両目での物の見える大きさに差異が出てしまうため、目がその差異を調整しようとして、目を疲れさせてしまいます。

でも、コンタクトレンズの場合には、直接レンズを目に貼り付けるタイプのため、レンズの度数をあまり強くしなくても、近視でも見えるようになります。

そのため、コンタクトであれば左右での見え方に差異が出ないため、目が疲れにくくなりなり、おすすめです。

もし、これを機にコンタクトレンズをお考えでしたら、最寄の眼科を受診して、適切なコンタクトレンズを処方してもらってください。

適切なコンタクトレンズを見つけたら

ご自身に合うコンタクトレンズが確認できたら、通販サイトでの購入がおすすめです。

下記の通販サイトでしたら、眼科で購入するよりも安く手に入ります
それに、いちいち眼科に購入しに行くよりも便利です。

是非、検討してみてください。

処方箋のいらないコンタクトレンズ「アットスタイル」

超特価!コンタクトレンズ通販の専門店【レンズファイン】

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ