日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

AGA治療薬を処方してもらう前にやっておくべきこと

男性にしても女性にしても、髪の毛の悩みは深刻なものです。

薄くなってしまえば人の目がものすごく気になりますし、それがまた精神的な負担にもなります。

私自身も生え際の後退が気になってきたことから将来を悲観して、AGA治療薬(プロペシア)を試してみました。

ただ、試してみて思ったのが、試す前にまずやっておくべきことがあったなぁなんてちょっと後悔していること。

もしこれからAGA治療薬をお考えの方には、是非その前にやっておいてほしいと思います。

AGA治療薬の効果が期待できるか検査してほしい

結論から言えば、治療薬の効果が期待できるか遺伝子検査をしていただきたい、ということです。

AGA治療薬というのは、簡単に処方してもらえます。

そのときのお医者さんがそうだっただけなのかもしれませんが、わたしの場合はほとんど二つ返事でもらえた気がします。

気がしますというのは、もう飲み始めてから数年はたっているのでちょっと記憶が曖昧なので。

主だった検査があるわけでもなく、処方してもらえます。

逆に言えば、効果があるのか検査をしているわけではないので、飲むか飲まないかはほとんど個人の裁量によるところが大きいです。

なので、知識が乏しい中で飲むか飲まないか判断するよりも、遺伝子検査にまずは頼ってみるのも大事だと思います。

AGA治療薬は高い

とにかくAGA治療薬は高いです。そもそも保険適用されていないので。

一月9000円以上は掛かります。しかもこの治療薬で効果が期待できる場合には長期間飲み続ける必要があります。

なぜなら飲み続けないと、また抜け毛が多いサイクルに戻ってしまう可能性もあるので。

ただ、まだ効果があるのなら良いですが、効果がないにも関わらずのみ続けてしまうのが一番もったいないです。

その点、治療薬を飲む前に検査をしてしまったほうが余計な費用を抑えるられる可能性があります。

ちょっと高いけど、先に遺伝子検査するのがおすすめ

遺伝子検査は、だいたい13000円前後かかります。

ちょっと高くはありますが、今後AGA治療薬を飲み続けるか決める上で重要な検査になります。

もし検査して効果が期待できなければ、余計に治療薬を飲まなくてすむので逆に出費も抑えられます。

わたしとしては、是非おすすめしたいです。

どうしても薄毛に悩んでいるときは、何か急いで対処しなければいけないという焦りが出てしまいます。

そんなときに、簡単に処方してもらえる画期的な治療薬があるとどうしてもすぐに飛びつきたくもなります。

でも、そこで焦らず立ち止まって遺伝子検査を行うことが将来的にも経済的にも安心です。

専門サイトのリンクを張っておきますので、まずは遺伝子検査がどういったものかチェックしてましょう。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ