日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

STEAMを検討する際のポイント・注意点

こんにちは。ミカです。

今回は多くのPC用ゲームを取り扱っているSTEAMについて書きたいと思います!

なんで今さらSTEAMについて書こうと思ったかというと、シムシティ4よりもグラフィック等が向上したcities skylinesというゲームを見つけたことです。

欧米で人気のある街づくりゲームなんですが、わたしがこのソフトを見つけたのがSTEAMで、しかもそのタイミングで75%OFFだったので、思わず買ってしまったからです。

もうPCの最低スペックやら推奨スペックとかまったく考えずに買いましたが、もしSTEAMを利用するなら絶対に購入前にチェックしましょう!

 

 

まずはSTEAMでほしいと思えるゲームを探してみよう

私の知る限り、当たり前かもしれませんがSTEAMではダウンロード版での取り扱いです。

それでSTEAMを利用しようにもまずは自分自身がほしいと思えるゲームがあるかどうか確認することですね。

正直にいって、STEAMでは和ゲーは少なく、私の感覚ですがあまり知られていないような洋ゲーのほうが多い気がします。

とはいってもまったくそうゆうわけでもなく、

  • FINAL FANTASY シリーズ
  • Devil May Cry シリーズ
  • DARK SOULS シリーズ
  • Biohazard シリーズ
  • Street Fighter シリーズ
  • BlazBlue シリーズ
  • ダンガンロンパ シリーズ
  • THE KING OF FIGHTERS シリーズ
  • A列車で行こう8
  • ストライダー飛竜(新作の方)
  • 地球防衛軍 4.1
  • Call of Duty
  • Portal
  • METAL GEAR SOLID V

※シリーズといっても、シリーズすべてあるわけではありません。

などなど、日本でも知られているような和ゲー洋ゲーが少しはあります。

もし探してみて自分がほしいと思えるソフトが多少あれば、STEAMを検討してみましょう。

ちなみにSTEAMサイトでほしいソフトを探す際は、ゲームタイトルは英語で入力したほうが検索候補にでやすいです。

STEAMでは日々新たなソフトが追加されているので、気が向いたらチェックしてみるといいですね

PCの知識が多少は必要

ほしいゲームがあったので、早速STEAMを始めちゃおうと考えた方、その前に確認しなければいけないことがあります。

それは、PCスペックが足りているかどうかです。

STEAMでは各ゲーム毎にPCに求められる最低スペックと推奨スペックが記載されています。

画像のようにOSやCPU、メモリー・グラフィック等の条件が記載されているので、こういったことが理解でき、自分の持っているパソコンは対応できるのか確認できる知識が必要です。

ちなみに、推奨のスペックを満たせればそのゲームの最高グラフィックで、なおかつスムーズにゲームを楽しめますが、最低のスペックの場合は多少グラフィックの設定を落とす必要が出てくると思います。

もし、これからPCを準備するにしても、スペックの高いCPUやグラボが換装できるような、拡張性の高いPCを選ぶようにしましょう!

ちゃんとPCスペックの最低条件をクリアしていないと・・・

わたしの低スペックPC(オンボード)でcities skylinesを試した結果ですが、見ての通り残念な状態になっています

背景ピンク一色に、中央に警告のようなウィンドウがでていて、そこに書いてある文字もピンクで読めなくて。。。

こんな感じになったら、まずはスペックがちゃんと足りているか確認してみてください。

 

コントローラーはなにが使える?

わたしの場合はキーボード・マウスでなんとかやっていますが、やはりゲームコントローラーがあるといいですよね。特に各ゲーとかはなおさら。

でも、どんなコントローラーが一番STEAMに対応できているのかというところですが、調べてみるとXbox 360 Controller for Windowsがいいようです。

このコントローラーなら大体のPCゲームにも対応できるようで、STEAMでも推奨されているそうです。

価格もそんなに高くないので、このコントローラー検討してみるといいです。(ただ有線なので無線が良い方には合わないかもしれないです)

Xbox 360 Controller for Windows 52A-00006

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ