日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日

これから仮想通貨を始める方に。今後乱高下に繋がる懸念材料

仮想通貨一発あてて大金を手に入れたり、交換業者からの流出だったりと、話題に事欠かさない仮想通貨。

うまくいけば、簡単にお金儲けができるので、知らない人にとっては恐そうとは思いつつも興味津々なところだと思います。

ただ、流出事件のようにこれまでの通貨では起こらないことが発生しやすいので、これから始める方はしっかりと注意したいですね。

今回は、良い意味でも悪い意味でも乱高下が懸念されるような要素をご紹介しようかなと思います。

 

投資熱加熱による、規制強化

現状への不満、将来への不安など、誰しもが抱えている悩み。

そんななかで、一攫千金が狙えるという仮想通貨があると、どうしても手を出したくなるもの。

韓国も就職難から仮想通貨に熱中されている方も多いらしく、かなり過熱気味。

そんな過熱感を危惧してか、韓国政府が仮想通貨の規制方針を打ち出した結果、ビットコインが大きく変動することになりました。

その結果、かなり痛々しいほどに影響を被った人たちが出てきたわけですが。

PCは粉々、壁はボコボコ…… 仮想通貨の暴落で絶望する韓国の投資家たち -BUSINESS INSIDER JAPAN

。。とこんな感じに、規制を打ち出すだけでも影響が著しい仮想通貨ですが。

これは、株やFXが企業の決算報告から中央銀行の規制緩和策などで乱高下するのと同じように変動するということですね。

仮想通貨だからといって簡単というわけではなく、今後は株やFXのように、ある程度は金融に関する知識、特にリスク管理はよく考えておきたいところ。

他の投資と同じように、常に情報はどんどんインプットした上で判断する必要があるということです。

今後流出事件などを踏まえて規制に乗り出す国が増える可能性があるので、規制うんぬんの話は積極的にチェックしておきたいところ。

 

マネーロンダリング対策による交換所の淘汰

マネーロンダリングに悪用される可能性というのはよく聞かれる話ですね。

仮想通貨は匿名性が高い通貨なので、マネーロンダリングの温床になっている可能性があります。

大手銀行であれば、その点に関する管理はある程度徹底している上に、経験値もありますが。

今現存する仮想通貨交換業者でマネーロンダリング対策が十分かどうかはあやしいですね。

今回のコインチェックで起きたことはマネーロンダリングとは違いますが。

今後、金融業界で当たり前にあるような対策を、交換業者は求められることになると思います。

そんな中で、対策が遅れている信頼できない交換業者というイメージが定着し倒産に追い込まれれば、それが仮想通貨自体の信頼低下に一時的には繋がると思います。

なので、こういった意味で交換業者の淘汰が進み、その度に相場の乱高下が起こるのかなと思っています。

 

仮想通貨の淘汰

これは、「外国人記者は見た+」という番組であった話ですが。

仮想通貨の淘汰がこれから進め可能性についての話がありました。

別に仮想通貨自体がなくなってしまうわけではなく、いくつか種類がある仮想通貨のなかで、どれが生き残っていくのかという話です。

今話題のビットコインやNEMといったものも、今後新しく登場する仮想通貨に人気がでれば、廃れてしまう可能性があります。

しかも、すべて電子上のやり取りなので、廃れたときは想像以上のスピードで値が下がる可能性があるので恐いところ。

今後銀行もこの業界に参加する可能性があるので、最終的に生き残る仮想通貨がどれになるか、予想しづらいと思います。

そうゆうわけで、今後もし大手企業が仮想通貨に参入するときには、流行り廃りによって相場が大きく変動することになるのかなと。

 

規制に関する情報には敏感に、息の長い仮想通貨を選ぶ

というわけで、これから始める方は、こういったことも影響する可能性があるので注意しておきましょう。

いままでは規制に本腰を入れていなかった分、流出やら裁判やらで賑わせれば、否応なしに規制に乗り出さざるを得ないと思いますので。

これまで以上にそのあたりは敏感にして、判断が難しいですが息の長そうな仮想通貨を選びたいところ。

そして、なによりも、投資した分がまるまる帰ってこないということを踏まえた、リスク管理をしっかりやっておきましょう。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ