日々一歩ずつ このブログでは、勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。

公開日
更新日

AddQuicktagで403エラー!対処法は?

wordpressをロリポップレンタルサーバーへ導入がてら、ちょっとだけサイトをリニューアルしてみました。あとはAddQuicktagにタグを追加すればひと段落かなぁとおもったのですが、「変更を保存」ボタンを押すとなぜか403エラーのページへ。。。

一様xamppで動作確認はしていたのですが、そのときはエラーなんて出なかったのに。

となるとレンタルサーバーの設定に問題があるのかもしれないのですがよくわからず、googleで調べてみました。

 

 

WAFが原因だそうで。。。

下記記事のおかげで原因がわかりました。

AddQuicktagの編集で403エラー 対処法 ロリポップ編

こちらの記事で詳しく説明されいるのでここでは簡単に触れますが、ロリポップサーバーにデフォルトでついているセキュリティシステム(WAF)が原因で403エラーになっているそうです。

なので、対処法はそれを一時的に無効状態にして、その間にAddQuicktagの設定をしてしまえばということです。

ただ、私は心配性なのでWAFを一時的とはいえ無効にしてことをすすめるのは不安なので違う方法をとりました。

XAMPPのAddQuicktag → レンタルサーバーへ

もともとXAMPPを使ってローカル環境でwordpress化したサイトを作り、それをレンタルサーバーにアップというながれを取っていました。

なので、ローカル環境で構築したAddQuicktagをエクスポートして、それをレンタルサーバーのAddQuicktagにインポートしてみました。

結果はうまくいきました。

特にエラーもなく、WAFを無効にすることなくAddQuicktagにタグを追加できました。

これで一安心です。もう403ページを見る必要がなくなります。

最初からインポートを使っていればよかったという話ですね。AddQuicktagのページ下にあるインポート・エクスポートに気づいてませんでした(汗

ただ、この方法だといちいち面倒ですし、そもそもXAMPPを使ったことがない方には利用できない方法ですよね。

とりあえずこんな方法もあるということで、この記事を締めくくります。

 

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイトについて

管理人

勉強になったことや躓いたこと、役立つことなどを雑多に書いていきます。
サイト構築やマーケティングの勉強がてら作ってみたサイトなので、そういった記事が多くなるかもしれません。

カテゴリー

上へ